IMG_0387


スタンフォード大学で教鞭をとる大学心理学教授キャロル・S・ドゥエック

彼は科学的に、能力を開花させる「心の在り方」を分析、研究し、

モチベーション・人間関係・メンタルヘルスなどの分野において大きな業績を上げてきました。


彼の著書「マインドセット」は

「自分の能力をもっと高めたいと思っているビジネスパーソンにも、チャレンジ精神あふれる子供に育てたいと思っている親にも、うってつけの本だ」

とビルゲイツも絶賛したほどです。

私は最近読みましたが、流石、なかなかおもしろく、また読みやすい本でした。

2つのマインドセット

そのなかに「硬直マインドセット」と「しなやかなマインドセット」という概念がでてきます。

「硬直マインドセット」

人の能力は生まれつき固定的で変わらないというような考え方です。

自分の能力や有能さを証明したい。上手くいかないことを恐れるのがこのマインドセットで、CEO病などもその典型です。

「しなやか(成長)マインドセット

人間の基本的な資質は努力次第で伸ばすことができるという考え方。

上手くいかない時こそ粘り強い頑張りをみせるのが特徴です。


同じ出来事でもどうとらえるかで、その後の人生に大きな開きが出てくるとドゥエックは言います。



賢さを証明するより、新しいことを学ぶことが成功だ。

要は失敗を恐れず、成長や学習の機会はポジティブに積極的に活かしチャレンジすること

「本気で頑張って以前できなかったことができるようになった」

「ずっと考えていた問題の解き方がわかりはじめた」

など、時間をかけて何かを習得する、困難に立ち向かいながら前進するといった、

上手くいかない時にこそ、粘り強い頑張りをみせる「しなやかマインドセット」が人生の試練を乗り越える力になる。

つまり自分を向上されることに関心を向ける「しなやかマインドセット」が自分の未来も大きく変えると彼は主張します。

マインドセットの詳しい影響や、スポーツ、ビジネス、人付き合い、教育、そしてマインドの変え方などはこちらの本をご覧ください。

(ある分野を除き)応用可能で、私も大好きな考え方です。




私はある例外を除いてこの考えに賛成です。

仕事や学習、人間関係においても、「しなやかマインドセット」は役立つと思います。

実際、私も投資やブログ、特にITなどの知識は全くないので、

変に知ったかぶりをしたり、賢い・知識があるふりをするよりも

能力のなさを認め、本を読んで勉強したり、正直に話して人から教えを乞う事で

ここまでブログを続けてきました。

私と絡んでくれたり、いろいろ教えて下さったみな様に感謝しております。

これからもある一点以外は「しなやかマインドセット」を武器に成長していきたいと思います。



硬直マインドセットの逆襲(反逆のりんり)

しかし、私の中にはS&P500ETF(VOO)という強力な例外が存在します。

(以下あくまで個人の感想ですw)

投資においては、動けば動くほど手数料や税金など摩擦コストがかさみます。

また、失敗すれば、自分の寿命や体力を削って得た貴重な「お金」が減ることになります。

そして投資の場合は(運の要素等も絡み)「努力や失敗」=「成長」と直結するとは限らないのもつらいところです。

しかし、S&P500などの市場の平均を選択すれば、努力なども必要なく、最低コストで、市場(プロの)平均的な成績を得ることができます。

もちろん投資においても、市場平均を上回ることを目指す(しなやかマインドセット)という素晴らしく前向きな考え方もあるでしょうが・・・

こと株式投資においてだけは私は薦めません。

多くの個人投資家にとっては市場平均で満足するのがベストだと私は思います。

(完全にりんりは硬直マインドセットに捕らわれていますw)


「しなやか(成長)マインドセット」は仕事や勉強、ブログ運営、教育、人間関係等にはとても重要な「心のあり方・思考法」であり

りんりも取り入れていきたいと思ってる重要なマインドですが・・・

(投資の「勉強」においては今後も役立てますが)

実際の投資・資産運用をする際には特に気にせずw

今まで通りS&P500ETF(VOO)に投資していきたいと思います。




↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング