summer-192179__340


世界一の投資家ウォーレンバフェットには師匠と呼べる人物が二人います。


一人は「バリュー投資の父」ベンジャミングレアム

そしてもう一人は「成長株投資」のフィリップフィッシャー。

フィッシャーと言えば株を買うときに調べるべき「15の質問」が有名ですね。

「15の質問」を簡単に紹介します

1、その企業は、少なくとも数年は収益が増え続けることを可能にする、十分な市場可能性のある製品やサービスをもっているか?

2、現在売れている製品ラインの潜在的な需要がほとんどなくなったときに、経営陣には会社の収益をさらに伸ばすような製品やプロセスを開発・発展し続ける決意があるか?

3、企業の規模と比べて、どのくらい企業のリサーチと開発努力が効果的であるか?

4、その企業は、平均以上の販売組織があるか?

5、その企業には、十分な利幅があるか?

6、利幅を改善、または維持するために何をしているか?

7、その企業には、労働者・従業員との関係に特筆すべき点があるか?

8、その企業には、企業幹部との関係に特筆すべき点があるか?

9、その企業は、マネージメントに柔軟性があるか?

10、企業の費用分析と会計管理は、どのくらいきちんとしているか?

11、競争相手と比べて、どのぐらいその企業が突出しているかを知る手がかりとなるような、その分野特有の評価できる特徴がなにかあるか?

12、利益という点で、短期間および長期間の見通しがその企業にあるか?

13、予測可能な未来に、企業の成長が著しいために自己資金調達が行われ、その結果株式の総数が増大し、現在の株主が予期していた利益が、ほとんど相殺されてしまうような事態になりそうか?

14、その企業の経営陣は、物事がうまくいっている時には、さまざまな出来事を投資家にどんどん話すのに、問題や損失が生じると、だんまりを決め込んでしまうようなことがあるか?

15、その企業は、完璧な経営体制を敷いているか?

当たり前のものから、なるほどな~と思うものまで様々質問がありますね。

「成長株投資の父」とも言われるフィリップフィッシャーが残した15の質問は成長株(グロース株)に投資をする際は是非確認して頂きたいポイントです。


息子であり投資家のケネス・フィッシャーは振り返える。


「15の質問をチェックすることで、2000~2002年のベア相場でスキャンダル株を簡単に除外できただけでなく、実体がないまま高騰したIT株も除外できた」

「当時高騰した多くのIT銘柄が実際の販売部隊を持たず、ライバルに恐れられず、採算もとれず、利益率を達成することも改善することもなく、基本的な研究も不足、自己資本を補充しなければ存続が困難など・・・」

「15の質問の半分も満たすことができなかった」

また、ケネスフィッシャーは「この15の質問はバリュー投資、成長株投資、大型株、小型株といったスタイルに限定されることなく使えると語っています。」

個別株投資をする人は自分のスタイルに合わせつつ応用して利用してみてはいかがでしょうか?





またフィッシャーの投資手法のなかでも、特にバフェットが絶賛したのは

「周辺情報利用法」と呼ばれるものです。

簡単に言うと投資対象の候補が見つかったら、その企業についての周辺情報を(ライバル会社、取引先、顧客、従業員、出入り業者など)あらゆる方面から徹底的に収集するというものです。

「あの会社の〇〇な所がうらやましい」とか「あの業者不良品多いんだよな」など・・・

その企業の周辺から良い評判や批判など様々な情報を集めることで、数字や経営者の発言からはわからないその会社の本当の姿や価値が見えてきます。


ウォーレンバフェットもこの手法を用い、投資や買収に役立てていきました。

ということなのですが・・・

普通の日本の個人投資家が「米国企業に周辺情報利用法」を使うのははっきり言って難しいと思います。(人脈や英語力がずば抜けている人は別ですが・・・)

むしろ周辺情報利用法はホームアドバンテージがある日本企業に投資する時に有効なのでは、と個人的には思っています。

ですので、もし米国企業に投資をするときは別のアプローチをしたり、S&P500などのインデックス投資をお薦めします。

少なくとも情報の収集能力や精度・速度では米国の方々やプロには勝てないので・・・

周辺情報利用法に関しては、すごく素晴らしいテクニックではあるものの、「日本在住・日本人・個人・米国投資家」には有効性が低い(使いこなせない)テクニックじゃないかなと思います。




フィッシャーの奥義

まだ同業他社がしていないことで、御社がしていることは何ですか?」

これはフィッシャーが生涯追い求めた大志と15のポイントの骨子を一つにまとめる素晴らしい質問だとケネスフィッシャーはいいます。

(ポイントは「まだ」のところだそうです。)

この質問は奥が深く、また様々な事案に応用がききます。

自分の投資先の企業に対してももちろんですが、

「まだ他のブロガーがしていないことで、あなたがしていることは何ですか?」

なんて使うと破壊力抜群だと思います。

私が問われたら、数時間頭を悩ませるかもしれません。

他にも「まだ他の職場の同僚がしていないことで、あなたがしていることは何ですか?」とか・・・

自信を持って、(質の高い)解答を言う事ができる企業や人は本物だと思います。

(私もこれから答えを探していきたいと思います(笑))


長くなしましたのでまとめます。

「15の質問+周辺情報利用法」を利用して、フィッシャー親子やバフェットは大きな利益を得た。

「15の質問」は成長株に限らず、様々な手法に応用可能。

「周辺情報利用法」は日本の個人投資家が米国企業に行うのは難しい。(日本企業になら可能かも)

「まだ同業他社がしていないことで、御社がしていることは何ですか?」は人生にも応用可能な素晴らしい質問。

使い方次第でかなりの破壊力を持つ。

以上フィッシャーの成長株投資についての簡単な私見でした。


もしこれらが少しでも難しい、めんどくさいと感じた方は

S&P500ETF(VOO)に投資をすることをお薦めします。





↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング