IMG_0330



今日のテーマは「投資信託やファンドをいくつ保有することが最適か」というお話です。

早速ですが上記の表をご覧下さい。(モーニングスター参照)

この表は複数のファンド保有によるリスク軽減効果を表したものです。

アクティブ運用の株式ファンドをランダムに選択し、

その数によってポートフォリオのリスク(標準偏差)がどの程度低下するかを研究した結果です。

結論から言えば、4つ以上のファンドを保有しても、リスクはほぼ一定となりあまり意味がないということがモーニングスターの分析からわかりました。

ファンド保有数を30というほとんど現実的ではない数に増やしても、リスクが大幅に減るという事はなく、過度の分散投資と言わざるをえません。

多すぎるファンド保有は、管理やコスト、手間、時間など様々な面で無駄とまではいいませんが、非効率であることは確かなです。

結論

リスク分散の観点からみれば、一般的に言われているように、アクティブファンドを保有する時は4~5個程度が良い。





とここまでは概ねよくまとまった話なのですが、

表に文字通り気になる「点」が一つありますね。

モーニングスターの分析では大型の混合ファンドを一つだけ保有するのが、いろいろな数のファンドを合わせて持つより低リスクになると注目しています。

ここでいう「大型の混合ファンド」とは、大型株式のファンドのことではなく、「大型のファンズオブファンズ」のことです。


結論2(モーニングスターver)

大型のファンズオブファンズ1本で、リスクは30個のアクティブファンドを組み合わせた時より低くなっており、投資はこれ一本でもいい(と注目しています)

さらに注目すべきは、そのすぐ上にある(米国株式市場全てに投資するS&P500ような)インデックスファンドのリスクを表す点よりも、大型混合ファンドのリスクは低くなっています。


今回のオチ

しかし、この表とモーニングスターの結論には一つ見落とされた点があります。

それは「リターン」です。

初期投資を5万円として計算した場合

モーニングスターが薦める「大型組み合わせファンド」のリターンは8.5万円~11万6000円となりました。

一方、米国株式市場全体に投資するインデックファンドのリターンは11万3000円でした。

インデックスファンドのリターンは、最も結果が良かった混合ファンド並みのリターンとなり、ほとんどの混合ファンドをリターンの面で上回りました。

また、もう一度表に戻っていただけるとわかるのですが、インデックスファンド1本でも、25~30のアクティブファンドを組み合わせた場合と変わらないくらいの低いリスクとなっております。


あくまでもリスクとリターンのバランスが重要だという事を忘れてはいけません。

そしてファンド選択リスク(インデックスファンドに勝つ混合ファンドを選択するリスク)とファンズオブファンズのコスト面の不利も合わせて考えれば・・・

私は(S&P500のような米国市場全てに投資する)インデックスファンドで充分と考えます。




結論3  りんりver


〇米国株式市場全てに投資するようなインデックスファンド(VTIやVOO、S&P500連動型など)なら株式投資に限れば、「理論上」は1本で充分。(ボーグル派)

〇株式を「米国を含む」全世界株式のように国際分散しても可。

ただ今のところ全世界分散の明らかな優位性を表すデータを私は知りません。けれども、未来はわからない以上明確な否定もできないので、賛否両論があるとだけ言っておきます。

(米国or全世界に関しては長くなるので以前の記事等を参考に)


もし、株式インデックスファンドよりにリスクを下げたい場合は

〇米国の株式全てと投資適格債券を適切な比率でインデックス運用しているバランス型のファンド

複数の株式ファンドに投資をするよりも、債券など違うアセットを組み合わせた方がリスク分散には効果的です。

株式ファンドをやみくもに購入してもリスクはほとんど下がりません。

バランスファンドも理論上は一本で充分です。株式のみのファンドに比べリターンは劣りますが、リスクはより低くなります。

以上、複数のファンドを保有することによるリスク軽減効果と効率的なの保有本数についてまとめました。

私は株式はS&P500ETF(VOO)に投資をしています。

ただりんりはタレブ派でもあるので、理論上効率的な事でも疑う必要ようはあると思っています(笑)

あくまでも過去の分析と理論上という事お忘れないようお願いします。

ツイッターをご覧の方はわかると思いますが、リスク分散は大切です(涙目)


ただ過度なリスク分散や複雑すぎる運用はかえって無駄となり、

また逆にシンプルで単純な戦略でも本質をしっかりと押さえていれば、充分に合理的かつ効率的に結果が出せるということが分かるかと思います。

資産運用や資産配分に完全な正解はありませんが、みなさん各々に合った適切なバランスでこれからも投資をしていきましょう。




↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング