BNDWとは?

今回は「BNDW」バンガード・トータルワールドボンドETFを紹介します。

一言で言えば、これ一本で世界中の投資適格債券に投資ができるETFです。

NYで行われた、ETF.COMアワードの

2018年ベストニューETF部門のファイナリストに選出され、

ベストニューインターナショナル/グローバル債券ETF賞を受賞した注目の新ETFとなります。


「基本情報」


銘柄数     15.214
経費率     0.06%
純資産総額   1億2830万ドル


BNDWの分配金・リターン

現在の価格     79.02ドル  (2020/1/21)
直近の配当利回り  1.89%
直近配当額   
  1.0351ドル ( 2019/12/23)
分配月       毎月  

1年のトータルリターン 8.34% (2019/12/31)


「デュレーションなど」
00



バンガードの債券ETFと言えば「BND」「BNDX」が有名です。

「BNDは米国」「BNDXは米国を除く世界中」の投資適格債券に投資をするETFです。

BND(米国トータル債券市場ETF)

米国の投資適格債券(格付けBaa以上)約8000銘柄に投資できるETF。

BNDXバンガード・トータル・インターナショナル債券ETF)

米国以外の主要な債券市場全体の投資適格債券(格付けBaa以上)約5000銘柄に投資できるETFです


「BNDW」は、「BND」「BNDX」を組み合わせたファンズオブファンズ型のETFとなっています


「BNDWの構成割合」


BNDX   51.18%
BND   48.81%
現金    0.0%
計    100%

(2019/3/31時点)


「残存期間別構成比率」
00

「格付け分布」
00

(Baa未満なし)

「地域別分布」
00

「国別分布」

00
画像は全てバンガード社のHPより引用

その他、インドネシア、タイ、メキシコ、オーストラリアなど

世界中に幅広く分散投資されています。

これ一本で、簡単に世界中の投資適格債券に投資ができるETFと言えます。


詳しくはバンガード本社のホームページをご覧下さい

米国バンガードのホームページ(BNDW)




感想

一般的な個人投資家が1万を超える世界中の個別債券に投資したり、

適切に管理するのはまず不可能だと思います。


世界中の投資適格債券に「幅広く」「低コストで」分散投資ができるのが

BNDWの最大のメリットと言えます。


BNDWは、以前紹介した「VTC」「VNQ」「VNQI」とともに、

日本での販売が待ち遠しいETFの1つです。


最後までご覧いただきありがとうございます。

↓もしよろしければ応援クリックよろしくお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング





海外ETFに投資をするならSBI証券がおすすめです。