court-2691100__340



ドットコムバブルに向かう1999年4月

バロンズ誌はプロのマネージャーを対象として行った調査を行いました。

そのアンケートにはこの質問が含まれていました。

「現在の株式市場は投機バブルか?」


〔結果]

「バブルである」  72%
「バブルではない」 28% 


この解答は、意外な結果に思われるかもしれません。


この調査にはバブルの定義が曖昧だという批判もあります。

また総合的にアンケートをみると楽観的な期待がみられます。


つまり、この当時のプロのマネージャー達は「今一時的なバブルである」と考えていたと同時に、

しばらくはその流れに乗って儲けたいと望んでいたと分析できます。


(結果バブルが弾ける、その瞬間を「正確に」予想しできた投資家は果たしてそのうち何人いたでしょうか?・・・残念ながらそのデータはわかりません)




先程のアンケート結果は、少なくとも多くの人が知っている、マスコミが後付けで描いた物語とは少々印象が違うかと思います。

人間は時に、有力な権威の裏付けがないにもかかわらずある「物語」を流布してしまうことがあります。


例えば日本人でも

「1965年のニューヨークの大停電で、市民は外出できなくなりその9か月後、NYの出生率は上昇した」

という話を耳にしたことはないでしょうか?

しかし、実際は出生率の急増など見られませんでした。



投資家に関わりの深い事例としては

「1929年10月の株価暴落によって自殺者が急増した」という話があります。

私の好きな、J.K.ガルブレイスも著書「大暴落1929」において同様の記述をしています。

しかし、実際にニューヨークで自殺率が上昇したのは、1929年の株価暴落直後というより、

その後の大恐慌によって景気が悪化し失業者が増えた1930年代以降の話です。


元々の原因ではありますし、1930年代も株価は下がったので全く関係ないデマとまでは言えませんが、

この事実を知れば「1929年の株価暴落=自殺急増」と言い切るにも少しズレがあり、印象もまた変わると思います。


思い起こせば子供の頃、ファミコンなどのゲームにはこういう誤情報の流布がよくありました。

(エアリスやキーファ、エスターク、バキュラ256発、高橋名人逮捕など・・・)


また、最近でも健康に関する話題は多いですよね。

(○○は体にいい→やっぱり良くない、効果はないなど・・・)


シラーの分析

「話のネタやメディアで紹介するのに便利な「物語」が事実に基づかない場合は多い」

「ある意見の伝播が急速に進行し、大衆の考え方が急激な変化を示すのはなぜか?」

「その理由の一つは、伝播の対象となる意見が既に私達の心に内在しているからだろう」

とシラーは結論付けています。


ネガティブなものであれ、ポジティブなものであれ、耳障りの言い物語に騙されて、情報の本質的な部分を見失わないようにしましょう。


気になる情報があったら、自分で裏をとり情報が正しいかどうか確かめるようにしましょう。


情報収集と同じくらい、情報の信憑性の確認や整理・分析も重要です。


また自分が何らかのバイアスにかかっていないかも注意が必要です。


くれぐれも自分に都合のいいストーリーや心の中にあるイメージだけを信じぬよう気を付けて

この難しい相場を乗り切っていきましょう。


情報の確認等がめんどくさい方・自信のない方等はS&P500などのインデックス投資という選択肢もお薦めします。




↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング