シティグループが2019年末時点のS&P500株価指数の予想を引き下げました。

これまでの予想3100だった所を2850に下方修正。

「従来の予想は相場水準が高かった時に設定したもので、来年の12月までに同指数が約25%も上昇すると見込むのは、今では強気すぎるようだ。」とのこと。


ちなみに現在のS&P500株価指数は2447.89。

昨年のピークには2900を超えていました。

ブルームバーグによると、最新のストラテジストの予想平均は2975となっております。


シテイ以外にもウェールズファーゴのクリス・ハービー氏、サンフォード・バーンスタインのノア・ワイスバーガー氏なども19年末予想を引き下げています。





また時間外取引でアップル株が-8%急落し、バフェットがIBMに続きIT企業投資でまた失敗した、輝かしい投資人生に汚点を残したというような記事過激なも見受けられました。

私はこの結論を出すにはまだ早すぎるように思いますが。

いずれにせよ、今年のバフェットからの手紙がまた一つ楽しみになりました。

ドル円相場も一時大きく動きましたが、こちらは既に落ち着きを取り戻しつつあるように思います。

またジェレミーシーゲル教授は、2018年末の下落を受け良好なバリュエーションとなり、2019年の過株価は5%~15%上昇するだろうとCNBCにおいて発言していました。


新年早々、株式市場は楽しくおもしろい幕開けとなっています。

ミスターマーケットが今年も暴れまわっています。

最近元気がいいようですが、何かいいことでもあったのでしょうか?笑


さて、これらの報道や情報を受けて

私は、

なんと・・・



S&P500ETF(VOO)に投資をします。

(何も変わりませんね)


市場ががどうあれ、私はS&P500ETF(VOO)をコツコツと買い増していく計画なので、

どうせなら安く買える方が嬉しいというのが私の論理です。


その一方でせっかく買い始めたばかりのBNDが値上がりしてしまい

・・・という気持ちです。

(もうちょっと買い増すまで待ってよー笑)

IMG_0219



まあS&P500が下がり、BNDがあがるという事は、違うアセットによるリスク分散はできているということなので良しとしましょう笑


師走どころが年が明けても、騒がしく忙しい相場ですが、

やるべきこと、本当に大切なことは何かを見失わずに投資を続けましょう。


私は短期的な市場の上下には惑わされず、今後も基本に忠実にS&P500に投資を続けます。

(今年からリスク分散も忘れずに行います笑)





↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング