sculpture-3832653__340

S&P500に1万ドルを投資して、上昇した日を逃した場合のリターン
(1980年1月1日~2012年12月31日の間)

全ての日に投資した場合     332502ドル
最も上昇した5日を逃す    215273ドル
最も上昇した10日を逃す     160340ドル
最も上昇した30日を逃す       63494ドル
最も上昇した50日を逃す     29327ドル


1980年から、32年間S&P500投資してそのままずっと保有し(バイ&ホールド)続けていれば、投資した1万ドルは、33万2502ドルになります。



しかし、最も上昇した10日を逃すと約16万ドル、上昇した30日を逃すと約6.3万ドルまでリターンは大きく下がってしまいます。

上昇した日を50日も逃しても約2.9万ドルになるのは、流石S&P500といった所ですが、やはり上の数字と比較すると物足りなく感じてしまいますね。


市場に居続けて上昇する日を逃さないというのが、S&P500に長期投資をしてリターンを最大化するポイントとなります。



最も下落した日を回避した場合も同様ではあるが・・・

上記の逆パターンで、最も下落した日を除いていっても、(当たり前ですが)投資リターンは上昇します。

上記のデータを実現するために、「バイ&ホールドでずっと(全ての日)市場に居続ける」ということは誰でも簡単にできます。

その一方、ピンポイントで「最も暴落する日を避け、次の日買い戻す」という行為を、最も下落する日から順番に、5日、10日、30日と30年間避け続け、投資リターンを上げるという方法を実現するのは、私には現実的ではないように思えます。

(暴落を回避したり備えることは重要なのですが)こちら手法は今回は触れるだけに留めておきます。


ポイント

ほとんどの投資家の人にとって、S&P500指数の恩恵を受け、リターンを効率よく得るには

上昇日を逃さずに市場に居続ける「バイ&ホールド戦略」が有効


〇初心者の方でも簡単にできます。
〇投資信託などを利用して、積立て投資をする場合でも、長期間市場に居続ければ問題はありません。



さて、今日の記事は簡潔に、データと結論を先にまとめてしまったのでここからは蛇足です(笑)。

上のデータを理解し、理論を実践するのは、初心者の方でも本当に簡単です。


最大の敵は、自分自身のメンタル

例え、周りの投資家がグロース株や仮想通貨で、自分より早く儲けていっても、
自分自身が暴落で資産を減らしても、

とにかくS&P500(米国市場)に居続けるというのがこの戦略のカギですから、他の人や下落に惑わされない強いメンタル、精神力、胆力が重要となります。


理論を実践し、長く続けるコツは、無理をしないこと

〇市場に居続けることを前提に、ディフェンシブに投資すること
〇現金など、充分に余裕を持ち続けること
〇儲けることよりも、市場に長く居続けることを意識する
〇最善のリターンを攻撃的に狙いにいくのではなく、間違った行動をとらないことに注意する

アドバイスとしてはこんなところです。

ただ、精神論だけで閉めるのも「昭和かよ!」とツッコまれそうなので・・・

(まあ、りんりは昭和なので否定はしませんがw)


それでも不安なら、具体的な策として

「保守的な方の場合」

〇S&P500の他に、比較的安全な債券(BNDなどがオススメ)や金、MMFなど、他のアセットにも分散投資して、自分の安心できるラインまでポートフォリオ全体のリスクを抑えることで、市場に長く居続ける。

例、「債券(BND・国債など)40% 現金30% S&P500(VOO)20% その他(金)10%。」など

あえて保守的な例にしました。

それでも全く投資をしない方と比較すれば大きなリターンが望めますし、これなら。リスク許容度が低い方でも、「S&P500指数に長期間投資を続ける」という戦略が実現しやすくなるのではないでしょうか?


「よりリターンを求める方の場合」

〇逆に市場平均(S&P500指数)のリターンで満足できない方の場合は、保守的な方とは逆にポートフォリオにS&P500をいれつつ、他の投資戦略でリターンを補完するのをオススメします。

例「S&P500(VOO)40%、配当戦略20%、グロース株20%、その他20%(流行や投機的な投資等)」

(比率や何でリターンを補完するかは各投資家のリスク選好度によりますが)

S&P500をポートフォリオのコア、柱、土台とすることで、今日の記事初めのような長期リターンを狙いつつ、万が一他の戦略や投機・投資が失敗した時の保険・クッションともなります。



S&P500指数に長期投資という戦略は、「誰にでも簡単にできる手法」にも関わらず、「過去200年に渡って投資家に大きなリターンをもたらしてきた」素晴らしい戦略です。

私はポートフォリオの100%をS&P500ETF(VOO)に投資をしています。

とはいえ、S&P500ETF(VOO)原理主義者ではありません(笑)

他社のS&P500連動商品でもいいと思いますし、全米株式(VTIなど)でも、投信でもいいでしょう。

ポートフォリオ100%全てではなく、一部にS&P500を加えるだけでもいいと思います。


最も重要なのは米国市場に長期間居続けること。

なかなか他人に自信をもって薦められる投資戦略ってないのですが・・・

りんりは「S&P500に長期投資」という戦略に関しては胸を張ってオススメできます。

特にこれから投資を始めようと思っている方は、是非一度「S&P500に長期投資」戦略を検討してみることを薦めます



↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング