grass-3765172__340



今日は米国バンガード本社のホームページに市場・経済の今後の見通しについて、おもしろい記事があったので紹介したいと思います。

いつも通り、りんりの拙い英語力で翻訳し、簡単にまとめます。

もし気になる方は是非下のリンクから全文をお読み下さい。

米国バンガードのホームページ




米国バンガード社の予想

経済成長は低下するがマイナスにはならない

2019年景気後退が懸念されています。米国・中国を中心とした経済成長の減速が、景気後退リスクを高める可能性があります。


「経済について」

〇世界経済は今後2年間で若干ペースは落ちるものの、成長は続ける。

〇米国の2019年の経済成長は、拡大する財政と金融政策の恩恵が緩和されるにつれて、より持続可能な2%に戻る。(補足、現在のGDP成長率は約3%)

〇ヨーロッパは景気循環の初期段階にありますが、成長は控えめ

〇新興市場や中国の成長率は6%近くにとどまる。(貿易問題が未解決な点も注意)


「インフレについて」

〇米国のコアインフレ率(変動の激しい食品やエネルギーを除いた物価指数)は2%近くにとどまり、2019年末には弱まる。

また関税や原油価格の高騰は、一時的にのみインフレに影響を与える。

〇ヨーロッパや日本はコアインフレ率は2%を大きく下回る。


「金融政策(金利)について」

〇米国は2019年の夏に、このサイクルの最終レートに達すると予想。

〇政策金利のレンジの予想は2.75%~3%

〇欧州でも2019年9月には、欧州中央銀行から初めての利上げが予想される。

〇日本は2019年に金利上昇は見込まれていない。(見抜かれていますw)





さて、簡単にまとめましたがいかがだったでしょうか?

あくまで米国バンガード社の予想ですが、参考になるところも多々あったかと思います。

最後に一番気になる投資の見通しで閉めようと思います。


「投資の見通し」

〇成長率は低下するが2019に世界的な景気後退とまでは予想していない。

〇(主要先進国市場の短期金利上昇を考慮すると)長期的に見れば、投資リターンの今後10年の見通しは若干改善し始めている。

〇債券リターンは2.5%~4.5%の範囲に収まる可能性が高い

〇グローバル株式市場のリターンは5~7%を予想(改善の余地あり)


2019年は「痛みもなく・利益もない」 との予想でした。



みなさんは来年の投資方針や計画をもうお決めになられたでしょうか?

この記事がまだお決めになってない方や、これから投資を始めようと思っている方の、少しでも参考になれば幸いです。


ちなみにりんりは来年も相変わらず、S&P500ETF(VOO)をひたすら買い増す予定です!


今年もあと一か月と数日を残すのみとなりました。

やり残しがないよう、今後も投資に励んでいきましょう!





↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング