IMG_0053 (1)






「100万円をS&P500ETF(VOO)に投資したらどうなるんだろう?」

と、考えた事があるのは私だけではないと思います(笑)

米国投資家なら一度は通る道ですね。

ちなみに

S&P500ETF(VOO)のトータルリターン(基準価格)

3か月  ー3.26%
年初     2.96% 
1年    7.29%
3年    11.48%
5年    11.30%
設定来    14.13%

トータルリターンに関してはよく見かけまね。


ちなみにここ2年の分配金実績は(小数点2位以下切捨)

2017年
3月  0.99ドル
6月  1.01ドル
9月  1.17ドル
12月   1.18ドル

2018年
3月  1.08ドル
6月  1.15ドル
9月  1.20ドル

となっております。約1.7~1.8%くらいの分配金利回りといった所でしょうか。


では具体的に100万円をVOOに投資したらどうなるの?というのを見ていきましょう。



以下画像はバンガードインベストメンツ・ジャパンのホームページ参照

更に詳しく知りたい方は以下のリンクから、バンガード様のホームページへ是非

バンガードのホームページ

IMG_0053 (1)

100万円を設定日 2010年10月に購入して先月末まで保有した場合のグラフになります。

うーん、素晴らしい!

米国市場らしい右肩上がりとなっています。

今年の10月末の時点では少し下げましたが、それでも8年間で100万円が270万になっています。

VOOに長期投資する事が勧められている理由がわかるグラフです。



さらに100万円がどうなるのが、5年、3年の場合も続けてみていきたいと思います。

5年の場合 100万円は約170万円になっています。

IMG_0052 (1)


次に3年 100万円が約138万となっています。

IMG_0051 (1)

3年でも充分なリターンを得ることができています。

しかしながら、グラフをみてわかるとおり、いきなり元本割れが起きていることにも注目です。

もしそこで手放してしまっていたら、以降の魅力的なリターンは手に入れることができなかったでしょう。

また、ここ3年間はたまたま調子がよく、このようなグラフでしたが、S&P500指数を3年単位で見てみると当然損をする期間も出てきます。

やはり10年単位での長期投資を私はお勧めします。





最後に・・・(あまり見たくはありませんが笑)

ここ一年のVOOのリターンを見てみましょう

IMG_0050 (1)


100万円は107万円に増えました(笑)

あれ?と思われた方がいるかもしれません。

最近あれだけ下げたと騒いでいたのに、それでもまだ7.29%もプラスという所に注目ですね。

こうしてみると、いかに投資家は短期的な視野にとらわれやすく、ニュースや世間の空気に流されやすいかが、わかるような気がします。


確かにVOOといえど、元本割れや下落は大いにあり得ます。


しかし、長期でS&P500指数を見てみれば、大恐慌も戦争も災害も、リーマンショックでさえ乗り越えてきた、強い米国経済を代表する指数となっております。


ですので、短期的な下落や悪いニュースに一喜一憂せず、コツコツとVOOを買い増すことをりんりはオススメします。

ちなみにりんりは今月もVOOを10万円分、SBI証券のNISA口座で買い付けする予定です。

ドル転が終わるまで、VOOが安いままでいてくれたらいいなあ(ボソッ)笑



↓もしよろしければ一日一回応援クリックして頂けたら励みになります↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング