hamburg-3737388__340


昨日の日経平均株価は、前日終値と比べ103円80銭高の2万2694円66銭で取引を終えました。

朝一で少し上がりましたが、14時から更に上昇。

昼に発表された中国の貿易統計で輸出が予想を上回る伸びとなったことが安心材料となったようです。


S&P500やアメリカ市場も戻るのでしょうか?

VOOは250.22ドル→253.6ドルまで(1.35%)戻しました。

「はやいよー、まだ安いままでいてよー」と私の心が叫びたがっています。

せめて給料日までは、このくらいの価格帯でもみ合って欲しいと思う今日この頃です。




今朝、朝食を食べているとニュースを見ていた父が、「アメリカ市場だいぶ戻したね」と話しかけてきました。


私「???????????。う、うん・・・・・」

アメリカ市場、一例として私の保有しているS&P500ETF(VOO)を例にあげますと

ここ一か月はVOOは265ドルを超え270ドルに届くかという高値圏、5日前でも265ドル近く。

昨日戻したといっても1.35%だけ。

(だいぶとは戻したとは・・・一体?)


ちなみに私の父はかなり高齢で株や資産運用なども全く、一切しません。

一昨日もニュースみて、暴落云々話していましたが・・・

投資を全くせず、テレビや新聞でその日その日の情報だけを追っていると、こういう感想を持つのかと・・・

いろいろ思う事のある朝食でした。笑


実はその他にも、割と週刊誌やスポーツ新聞などに踊らされる私の父です。(いいお客さんかもしれません)

今の時期ですと、スポーツ選手の移籍やドラフトの記事に、力んで感想や予想をしています。

私は全てが決まった後に、今読んでいる記事を読み返して

「どれくらいの記事が本当でどれくらいが外した・無駄な予想だったのか」一か月前の記事を読み返して見ることを父に薦めているのですが・・・・


プロ野球開幕前の各新聞や解説者の優勝・順位予想などを、あれほど気合をいれて分析している父が、優勝が決まることには開幕前の予想などすっかり忘れ、全く振り返ろうとしないのも私は毎年気になっています。

その日、その日のニュースや記事に影響されすぎると、どうしても短期的な視点しか持てなくなります。

スポーツの話等なら、一日ごとにニュースを見て考えをコロコロ変えてもそれも楽しいと思いますが。

やはり長期投資家なら、数年・・・最低でも数か月スパンで株価やニュースを見ていきたいものです。








にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 


米国株ランキング