NSoosaka0706_TP_V

みなさん。こんばんは。田舎者の投資家りんりです。

今日はチャーリーマンガーの発言から、個人的におもしろいなーと思ったものを紹介します。


チャーリーマンガーは世界一の投資家ウォーレンバフェットの右腕・参謀・分身などいろいろな呼ばれ方をしています。

バークシャーハサウェイの株主総会では二人で壇上に座り、質問にユニークに答えていく姿が印象的です。

特にマンガーは歯にきぬ着せず、容赦なく、過激な発言を行います。しかも皮肉の効いたユニークな言い回しで。

二人の出会いなどはバフェットの自伝スノーボールを読むのがおもしろいかもしれません。(あくまで自伝ですので投資の指南書というわけではありませんが、参考になるところはあるかと思います。)






さて少し話はそれましたが、マンガーの発言からおもしろいなーと感じた発言をまとめます。
あえて解説は書きません。シンプルにマンガーの言葉のみを書きます。

いろいろ解釈はあるでしょうが、発した本人でもない限り真意はわかりません。

しかし、みなさんが彼の言葉から何か感じたら、そのこと自体に価値があると思います



1.モーツァルトは、自分の愚かさから人生を台無しにした。もちろん彼の業績は失われない。が、その暮らしぶりはみじめと言うしかなかった。いつもお金を消費していたからだ。同じようなことをすればあなたの人生も惨めになる



2.最高のアイディアが無傷のまま一年が過ぎたら、それは無駄な一年である



3もしインフレが心配なら、資産を守るために最も有効なのは、くだらないモノを欲しがったり、持ったりしないことである


4.経験から言えることだが、いつも考え続け、本を読み続けていれば、働く必要はない



5.極端に専門化をすることが成功に結び付く。たいていの人は世界を理解しようとするよりも、専門化した方がうまくいく。


6.多くの過ちをおかすことなく、満足できる人生を送ることはありえない。過ちをおかすことで、次から対処できるようになる。過ちを認めたくないという気持ちを抑えることができなければ、破滅への道を歩むことになるだろう。


7.信じられない悲劇に直面して、意気消沈し、悲劇を2つ、3つと増やしてはいけない。



8.待つことは、投資家にとって大きな助けになる。多くの人は待つことができない。



9.自分が何を知らないかを認識すれば、智慧が生まれる。



さてどうだったでしょうか?


1924年に生まれたマンガーは数学を学ぶため大学へ、真珠湾攻撃により中退して陸軍(気象予報)へ、その後弁護士・経営者・投資家・そして資産家へと様々な分野で超一流の能力を発揮してきました。

そしてマンガーの発言や関連書を読む限り、それは先天的な特殊能力によるものではなく、合理性と努力・学び続ける習慣がもたらした結果にほかならないように私は思います。


自分も投資や資産運用など改めてもっともっと学ぶ必要があると感じました。

今月の給料が入ったら、投資関連の書籍でも買いにいこうと思います。

もし良い本を見つけたら機会を見つけて紹介します。



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング