miyazaki049INDDSCF4974_TP_V1


楽天バンガードシリーズ(楽天がバンガード社のETFを購入するファンド)の運用報告書が公開されました。


それに伴い投資ブロガー界隈では楽天バンガードシリーズの実質手数料が話題となっております。


楽天VT 

実質コスト 0.502%
信託報酬 0.1296%
信託報酬を除くコスト 0.2724%
ETF経費 0.1%


楽天VYM 

実質コスト 0.467%
信託報酬 0.1296%
信託報酬を除くコスト 0.2574%
ETF経費 0.08%



「あれれ~?おかしぞ~?」

元々のバンガードは低コストが売りのファンド

なのに思ってたより経費が高くないです?


そして、私がイデコでお世話になっている楽天VTIの場合


楽天VTI

実質コスト 0.3112% 

信託報酬 0.1296%
信託報酬を除くコスト 0.1416% (←ここが高いかも)
ETFの経費率  0.04%

となっています。ETFそのものの経費率は流石バンガード低コストです。



バンガードの創始者で私の最も尊敬する投資家の一人、ジョン・C・ボーグル氏や敗者のゲームでおなじみのエリス氏、そして世界一の投資家ウォーレンバフェット氏も言っています。

できるだけ低コストのインデックスファンドで運用しろ



楽天バンガードは簡単に言ってしまえば、バンガードのETFの購入と分配金再投資を楽天やってもらう代わりに楽天に少しコストを払うというものです。

この楽天に払うコストをどう考えるかが今後の判断の分かれ目となります。



私の場合、基本的にはS&P500ETF(VOO)を直接買い付けてドル建てで投資をしています。

ただイデコの投資先を選ぶ際、VTIに投資ができてちょうどいいかなと思い楽天全米株式インデックスファンドにしました。

しかし、今回の発表で少し「なんだかなあー」と言った感じです。

もの凄く悪いわけでもないけど、決して良くはないですね。



頼む楽天バンガードファンド。もっと経費をさげてくれー。


私はとりあえずはもう少し様子を見ます。

ですがより低コストのS&P連動型・もしくは全米株式に投資ができるイデコの商品があれば(運用規模等にもよりますが)乗り換えます。と断言しておきます。

だって経費は安い方がいいですから。


楽天さん。事情もいろいろあるでしょうが、お願いだから頑張ってください。
もう少しだけ信じています笑。



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング