chartIMGL6587_TP_V




以前も記事にしましたが、最近私はあまり株価やチャートを見ないようにしています。

月に一度ドル転後S&P500ETF(VOO)を購入する際に見るくらいで、あとは基本的に指値入れて放置しています笑。

本音を言えば個別企業や債券など他にもいろいろ手を出したい気持ちが全くないとは言えません。

私は元々個別株にも投資をしていましたし、ベンジャミングレアムやウォーレンバフェットが大好きですのでバリュー投資教にどっぷりでした。今でもたまに割安かなと思う株を見つけるとうずきます笑。


ですが、最近なかなか企業分析に時間をとれなくなってきたサラリーマン投資家としては投資に割く時間や効率を考えたら、やっぱりS&P500ETFがベストだと思う今日この頃です。

(VOOに限らずアメリカの市場全体を丸抱えできる投信やETFでもいいと思います)


今日は久々の連休ということもあり、株価や個別企業のチャート、自分の資産などを確認していたところ一つ驚くべき事実を発見しました。


約二年前に買ったVOOの運用利回りが39.3%となっていました。VOOは分配金が1%強あるので含み益と合わせますと40%を超えています。

ほぼ丸二年の保有となりますが、運用成績としたら文句のつけようがありません。

以前記事にしましたが日本の銀行などが発売している投資信託の運用成績などと比べても、私のようなサラリーマン兼業の素人投資家がこのような運用利回りを(しかも簡単に)達成できてしまうのですから、改めてS&P500ETFの威力がわかります。

一方同時期に買ったIBMは・・・

なぜ当時からS&P500に全ぶっぱしていなかったのか・・・いまさら言っても仕方ありませんがわかっていても「悔しいです( ゚Д゚)」笑

とはいえここ一年くらいは個別株を全て処分し、VOOに集中積み立て投資をしているので今後が楽しみでもあります。


また最近はレバレッジを使ったS&P500連動のETFなども発売されていますが、私はやはりレバレッジは使わず普通のETF(VOO)で勝負していきたいと思います。

むしろ私個人としましてはレバレッジを利用するより現金保有率を高め守備力を強化したいくらいです。(現金の保管先という意味でBNDなどの債券やMMFなど考え中です。少なくとも銀行預金は最低限で充分だと考えています)


ただレバレッジに否定的な発言をしているチャーリーマンガーらも、自分自身が若く資産がまだ大きくなる前はレバレッジを駆使して運用していました。ですので、レバレッジをうまく管理・活用できる方や少しでも早くお金持ちになりたい方は使うのもありだと思います。


私はこれから1~2年は少し守備的にいこうと思います。とは言え方針はぶらさず投資資金のほぼ全てをS&P500ETF(VOO)に投資します。

みなさんはどう投資しますか?


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング