IMGL8664171031_TP_V



以前金融庁の調査で大手銀行及び地方銀行、計29行の投信の約46%が資産を減らしているという事を記事にしました。

そして今日ショッキングなニュースに続報が・・・

なんと3大メガバンクでも投資信託を買った個人客の4割が今年3月末時点で損失を抱えていることがわかりました。


「損をした個人投資家の割合」

三菱UFJ銀行 42%
三井住友銀行 約4割

みずほ銀行  46% 


正確には自行の窓口で投資信託を買い、今年3月末時点で保有している顧客の運用成績がマイナスとなり損失を抱えた割合です。

(外回りの方、窓口で投信を売った方の営業スキルとメンタルはなかなかのものでしょう)


他の銀行や地銀の成績と比べて特に劣っているというわけでもないのですが、メガバンクといえど特に優れているわけでもない平均的な成績となりました。


とは言え、なんだかなあ~と言う感じです。


運がなかったのか?
選んだ商品が悪いのか?
それを進めた人が悪いのか?
顧客が悪いのか?
運用が悪いのか?
手数料を稼げればそれでいいのか?
時期が悪いのか?

いろいろな意見や思いはありますが・・・

今日言いたいのは一言


「絶望した。約四割が損をする日本の銀行の投信に絶望した」


私はS&P500ETF(VOO)に投資をしています。

人として軸がぶれないようにしたいですね。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング