publicdomainq-0017599spa


投資をするうえで、一番楽しくかつ難しく悩むのはアセットロケーションを考えたりやポートフォリオを組む時ではないでしょうか?

特にアセットロケーション(資産配分。株式〇%・債券〇%など)は、個別企業の株式を選びポートフォリオを組む以上にその後の運用成績を決定づけます。

では、理想の資産配分とはどのようなものでしょう?


歴史的名書「賢明なる投資家」の著者、ベンジャミングレアムは一般的な投資家には株と債券を50・50を勧めていました。

但し、当時は今より債権のリターンが良かった時代という事も考慮が必要です。また同書では防衛的投資家と積極的投資家それぞれのために比率にはもう少し幅を持たせています。


また一般的によく言われているのは「100-年齢」の分株式を持つ方法です。例えば30歳なら「株式70:債券30」という具合です。失敗しても取り返しが効く若いうちは株で高リターンを求め、年齢を重ね、リスクを取りづらくなるにつれ債券比率を増やす比較的理にかなった方法だと思います。


シーゲル教授の理論では100%(以上)株式もありですし、レイ・ダリオ氏のオールシーズンポートフォリオでは資産配分に金(GOLD)やコモディティーなども含まれています。


かくいう私はウォーレンバフェット氏やボーグル氏の影響を受けていますので、S&P500ETFを中心に・・・というかVOO90%とドル10%のみでポートフォリオを組んでいます。


この資産配分には明確な正解はなく(正解があるなら全員がそのアセットロケーションを採用しているはずです)、また最終結果が出るのが数十年先という事がさらに判断を難しくさせています(短期では素晴らしいリターンをあげる資産配分でも長期ではリスクにさらされていたり)


さらに一度資産配分を決めた後も「いつでも好きな時に・自由に」配分を変えれるのが、問題と選択肢を更に複雑化させています。


上記の内容に加え、各々個人の年齢・職業・年収・現在の資産・目標・目的・家族構成・年金・保険・性格・知識・メンタル・価値観など・・・さらに様々な要因がこの問題を難しくしています。


バフェットは言います。「これ一つで全て解決するといった便利な数式はありません」と


私も投資の相談や話をするうえで、個人によって正解が違う点はすごく悩む所です。

「自分だったらこうするけど、友人は子供もいるし、きっと下落局面や短期的な価格の変動に動揺するからもっとリスクを抑えた方がいいかな・・・」など。

身近な良く知っている人でも、じっくり時間をかけて話を聞き、聞き手にわかるように説明して、ゆっくりとアドバイスをするよう心がけています。(私なんぞがアドバイスとは本当におこがましいのですが)


でも不特定多数の人が読んでいるブログや、良く知らない人と話す場合(しかも短い時間)資産配分の正解を見つけるどころか、迂闊にアドバイスする事すら、私には怖くてできません。


では我々が各々、自分自身にとって最も良い資産配分を決めるヒントはないのでしょうか?


そこで今回は、一つ参考になるページをご紹介します。


米バンガードホームページ



バンガード社の米国本社のHPです。米国のバンガード社のホームページは日本版と違いコンテンツがとても充実しています。一部ログインが必要なものがありますが、割といろいろな投資情報などが無料で見ることができます。

当然英語なので少し見にくいかもしれませんが、Google翻訳大先生のおかげで英語があまり得意ではない私でもほぼ問題なく見ることができます。

(個人的に英語はいつか本当に勉強したいです)


ここのアンケートに答えると、あなたにとって理想のポートフォリオ配分モデルが表示されます。

と、この一文だけ読むとすごく怪しい勧誘ページへのリンクみたいですね笑。不安な方はどうぞ自分で米国バンガードのホームページをぐぐってください。笑


ちなみに私は株式70%債券30%と表示されました。今ちょうど楽天バンガード・バランスファンドで正にそんな商品が発売されたのを思い出し「むむ?」といった感想です。


アンケート結果には100%債券~100%株式までの資産配分パターンがあり、実際のリターンや、最悪の年の下落率やベストイヤーなどのデータも見ることができます。

もしまだ米国バンガードのHPを見たことがない方がいましたら、参考になると思いますので是非やってみてみてください。


しかし、アメリカ本国のバンガード社のホームページはいいなぁ。(ただの米国かぶれかもしれませんね)

私は最近モンテカルロシュミレーションにはまっているのですが、ドンピシャなコンテンツがありいろいろシュミレーションして遊んでます。(私は昔から歴史好きの文系なので、苦手な数学・確率などを最近猛勉強中です)


日本のバンガード社やその他証券会社、投資会社などのホームページもどんどんおもしろいコンテンツを増やしていって貰たら嬉しいなあと思う今日この頃です。


ちなみに私の友人が、都会から田舎に一時戻ってきているのですが気温差でダウンしてしまいまだ会えていません。皆さんも体調の方お気を付けください。

さてと夏バテ防止にレバーでも食べてスタミナをつけるかな。



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング