maebashi02IMG_2981_TP_V




ウォルマート(WMT)は世界最大のスーパーマーケットチェーンです。

世界最大の売上を誇り、15か国で事業を展開しています。

2018年現在 売上 5003億4000万ドル。

低価格、物流管理、コスト管理に定評があります。

EDLP 特売期間を設けず、年間を通して低価格で同じものを売る戦略。

ドミナント戦略 当該地域で市場支配率をあげる出店戦略。複数の店舗を高密度で出展させる。日本ではコンビニなどで有名

など、今では日本でも当たり前になりましたが、これらの戦略を古くから大規模に行う事により、スーパーマーケット世界一の座につきました。


ダウ30銘柄の一つであり、私の投資するS&P500銘柄の一つでもあります。


(2012年売上ランキング。少し古いデータですが参考までに)
ウォルマート 421,849
ロイヤルダッチシェル 378,152
エクソンモービル 354,674
bp 308,928
中国石油工 273,422



日本では西友を子会社化して事業展開しており、2018年には楽天と提携契約を結びました。

日本で431店舗を展開しています。私の県にはありませんが、昔仙台で仕事をしている時に西友はよく利用していました。


ですがこのたび、ウォルマートが西友の売却を検討していることが明らかになりました。
すでに流通王手や大手商社に売却を打診しているとのこと。

人口減少などを背景に日本市場での拡大は難しいと判断されたとみられています。

経営資源の有効活用と言う意味では、確かに日本に回している資源を他の成長市場に投入した方が、ウォルマートはより成長すると私でも思います。

・・・日本は大丈夫なのでしょうか?

(全く無関係ですが、昨年のバークシャーの子会社シーズキャンディの撤退は私的にショックでした。いつか食べたいと思っていたのに・・・)


アメリカでは約5000店舗あるウォルマートですが、実は2006年にドイツの店舗を同業のメトロに売却しています。韓国でも現地の同業(百貨店)のEマートに事業売却し撤退しています。

この見切りの良さというか状況判断の速さは、流石としか言いようがありません。


日本からの撤退は吉と出るか凶と出るか。
日本人としては少し寂しいですが、アメリカ株好きとしては今後もウォルマートを見守りたいと思います。



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング