dcb157fcbab46922bdfabb7baad5235a_t


46%の個人が銀行の投資信託で損をしていると金融庁の調べでわかりました。



原因は銀行ごとに運用成績に大きな差があったとの事。また販売姿勢や運用姿勢、商品の品揃えにも差があったとの事です。

平均10%以上の利益を出している銀行もある一方、手数料等を含めた手取りで計算すると約半数の人が損をしてたとのことです。

最も多いのは10%までの損をした人で、比率は全体の30%を超えます。

この比較的損をしにくい相場であってもです。

私自身この金融庁の調査結果には非常に驚いてます。


どの銀行で投資信託を始めるか?
昔からの付き合いや近いからなどの理由で、銀行を決めると痛い目を見るかもしれません。
セールスや営業に負けず真剣に自分の頭で選ぶ必要があります。

ではどうやって勝ち組の投資信託を選べばいいのでしょう?





実は明確な正解はありません。
未来がどうなるか、どの銀行のどの信託が一番いいかは誰にもわからないからです。


ですので、先見の明がある方や絶対的な知識と自信を持つ方以外は、
銀行の信託を確たる理由もなく、銀行が言うからと安易に安心して買ってはいけません。


むしろ資産を減らすことに繋がるかもしれません。


私はS&P500ETF(VOO)に投資します。
多くの銀行のほとんどの投資信託商品よりS&P500の方が長期ではリターンが高く、手数料も安いからです。


もちろん中には長期でもS&P500に勝る投資信託商品もあるかもしれません。しかし私はそれを見分けるすべを知りません。

あれこれ銀行の選択や信託商品に悩んだりするよりは、S&P500に投資することをおすすめします。



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング