バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

2015年からバンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。毎日、米国株や海外ETFを中心に投資・資産形成に役立つ情報を発信中。NISAやiDeCOも継続中。

【インデックス投資を始める若者達】先日、ITmedia ビジネスオンラインにておもしろい記事をみつけました。「今なぜ若者がインデックス投資? 流行の陰につみたてNISAとYouTuber」私が投資を始めた時は、NISAもありませんでしたし、投資系Youtuberの方なんていませんでした ...

【4月28日 米国株式市場】ダウ     -0.48%ナスダック  -0.28%S&P500    -0.08%主要株価指数はそろって下落。S&P500は一時最高値を更新する場面もありましたが、終値ではやや下げました。小型株のラッセル2000は+0.13%上昇。決算シーズンは山場を迎え、アッ ...

【FOMCは予想通り】FRBは27・28日に開催したFOMC(連邦公開市場委員会)で、政策金利の誘導目標レンジを0-0.25%の据え置くことと月額1200億ドルの債券購入プログラムの維持を全会一致で決定。市場の予想通りの結果となりました。委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ ...

【一緒に勉強しませんか 第11回】今月からスタートした新企画「一緒に勉強しませんか」皆さんのおかげで今回で第11回目を迎えました。応援クリック本当にいつもありがとうございます。とても励みになります。さて、今回のテーマは「米国上場企業の売上高の成長」S&P500企業 ...

インデックスファンドに資金が集まる過去10年、投資家の間はパッシブ戦略が多く採用されるようになりました。インデックスファンドへの資金の流入は増加し、シェアも拡大しました。http://www.nicmr.com/nicmr/report/repo/2016/2016spr11.pdfただ、インデックス投資家が、み ...

マネックス証券では米国株の時間外取引可能。マネックス証券では米国株の時間外取引可能です。Googleの例4月27日、アフファベットの株価は決算発表後、時間外で4.7%上昇しました。逆にマイクロソフトは時間外で3%以上下落しました。テスラの例11月16日の取引時間終了後、「テ ...

【27日 米国株式市場】ダウ    +0.01%ナスダック -0.34%S&P500   -0.02%主要株価指数はほぼ横ばい。S&P500は前日の史上最高値付近を維持しています。小型株のラッセル2000は+0.14%。今週は、山場を迎える企業決算に加え、FOMC、バイデン大統領の演説と注目の ...

【S&P500にとっての最大のリスク】フォーブズにておもしろい記事があったので紹介します。https://forbesjapan.com/articles/detail/40950/1/1/1">S&P500種株価指数にとって「気候変動」は最大のリスクか【S&P500企業の60%が気候変動リスクがある資産を保有】S&P500企業は、 ...

【4月26日 米国株式市場】ダウ    -0.18%ナスダック +0.87%S&P500   +0.18%S&P500とナスダックが終値で過去最高値しました。堅調な米企業決算と景気回復。金融緩和政策が続いていることも株価を後押ししています。ラッセル2000は+1.15%と主要株価指数を上回り ...

【一緒に勉強しませんか 第10回】平日夜に始めた新企画「一緒に勉強しませんか」皆さんのおかげで今回で第10回目を迎えました。応援クリック本当にいつもありがとうございます。とても励みになります。さて、今回のテーマは「アイルランドの製造業」なぜ、米国株ブログがア ...

「顧客本位の業務運営に関する原則」4年前金融庁は、銀行・証券・保険などの金融機関を対象に、「顧客本位の業務運営に関する原則」を作りました。金融機関が顧客から手数料を得ることを優先して金融商品を販売している。といった批判が根強い事も踏まえ、顧客の利益の追求。 ...

「理解しきった情報はつまらない」よく「インデックス投資は退屈だ」と揶揄されます。でも、それは人間の脳の仕組み的に、仕方のないことかもしれません。脳科学者、大黒達也の最新の著書「AI時代に「自分の才能を伸ばす」ということ」によれば、脳は理解しきった情報を「つ ...

【コロナショックの教訓】コロナショックは、長期投資家に2つの重要な教訓を残しました。①市場が暴落したときに慌てて株を売らないこと。②株式市場が回復にかかる時間を予測することは非常に困難だということ。今回はこの2点について、話をしていきたいと思います。【米国 ...

【フィデリティ証券のポートフォリオナビツール】フィデリティ証券の「ポートフォリオナビツール」というものをご存知でしょうか?私は知りませんでした。今日たまたま見つけてやってみたら、意外と面白かったので紹介します。【リスク許容度の範囲内で最大のリターンを】ど ...

【全世界株式投資】米国株式市場、そして日本の株式市場のチャートが過去どうだったか、皆さん何となく分かると思います。シーゲル教授等のおかげですね(笑)では「全世界株式の過去の長期チャートはどうだったのか?」今回は面白いデータを紹介したいと思います。米国株投資 ...

↑このページのトップヘ