バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

2015年からバンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。毎日、米国株や海外ETFを中心に投資・資産形成に役立つ情報を発信中。NISAやiDeCOも継続中。

決算シーズンが始まりました。明日以降の決算の予定はこんな感じです。https://www.earningswhispers.com詳しい日程は「マネックス証券 米国株式決算カレンダー」など各証券会社のHPなどで確認できます。米大手銀行三行の決算について普段あまり個別銘柄について書かないの ...

S&P500の行き先第2四半期(3月31日~6月30日)の間に、S&P500は約20%上昇しました7月13日時点でS&P500は3155.22となっています。業界アナリスト等は、今後、S&P500指数がどうなると考えているのでしょうか?FACTSETの集計FACTSETが、業界アナリストの目標株価を集計したとこ ...

米国株式市場とボラティリティ株の価格が上昇すると嬉しくなったり、下落したのを見て、切ない気持ちになったりすることはありませんか。もしくは「逆」の方もいるでしょう。今回は、米国株式市場と株価の変動(ボラティリティ)について書いていきたいと思います。株価は昔 ...

米国の個人消費について今回は、米国の個人消費について注目していきたいと思います。米国株投資初心者の方や最近始めた方にも、わかりやすくポイントをまとめました。この記事で学べる事はこんな感じです。〇米国の個人消費は戻っていない。〇個人のお金は貯蓄に向かってい ...

VGT(バンガード)がXLK(SPDR)を上回る5月中旬、バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)の資産額がSPDRのテクノロジー・セレクト・セクター SPDRファンド(XLK)の資産額を上回りました。https://www.msn.com/en-us設定日を比較すると、XLK  1998年12月22日に対し、VGT ...

バンガ―ドの予測を紹介します。2020年以降コロナウィルスが経済に与える影響についてバンガードの最新の予測レポートを紹介します。ソース https://personal.vanguard.com/pdf/ISGECOV_062020.pdfポイントは3点①コロナウィルスが与える影響は産業(セクター)によって大き ...

株式市場が誕生して・・・宇宙が生まれて138億年。地球が生まれて約46億年。人類が誕生して約20万年。株式市場が誕生して数百年。それから金融理論が誕生し数十年経ちました。従来の金融理論は、「正規分布」に従っているという仮説の元で成り立っていました。しかし、現実は ...

S&P500と危機についてhttps://advisor.visualcapitalist.com/staying-rational-market-volatility/米国株式市場(S&P500)は、過去、様々な危機を乗り越え、右肩上がりで成長してきました。私はそんな米国株式市場やS&P500指数が大好きです。一方、1973年の石油危機(~景気 ...

S&P500が過去最高値を更新した回数。2019年、S&P500指数は35回過去最高値を更新しました。(ちなみに10月末時点では15回でした)この「最高値更新」はよくあることなのか、それとも滅多にないことなのか。過去の最高値更新した回数を振り返ってみたいと思います。S&P500が最 ...

「マーケットタイミング・リスク」タイミング戦略は、成功するとポートフォリオのパフォーマンスを改善する可能性があります。しかし、常に投資タイミングを成功させることは非常に困難です。タイミング戦略がうまくいかないと、何もしなかった時に比べてリターンを大幅に損 ...

S&P500のトータルリターン今回は、S&P500の各年ごとのトータルリターンを紹介します。S&P500やVTI(米国株式市場)などに投資をしている方や、投資をお考えの方は、是非参考にしてみてくだい。1825~2020年までのS&P500下の図は、S&P500の年間の配当込のトータルリターンを表 ...

米国株式市場のデータ今回は二つほど、米国株についてのおもしろい情報を紹介します。ホンマでっかと楽しみつつ、投資のヒントにしてもらえば幸いです。①大型買収が直前に失敗した時。トマス・フィリポン教授等の調査によれば、大型の買収合併案件が、直前に予想外の理由で ...

2020年 年初来のリターンVT(全世界株式)の年初来のリターンは、現在ー3.80%です。地域ごとで見てみると、年初来のリターンは以下のようになっています。VTI(米国)     -1.17%VEA(米除く先進国)  -8.94%VWO(新興国)   -1.92%VWO(新興国)が健闘して ...

↑このページのトップヘ