バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

バンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。NISAやiDeCOも継続中。米国株や海外ETFの情報、本の書評等など気ままに更新してます。バンガード社の理念や投資哲学が好きです。ジョン・ボーグル、タレブ、ウォーレンバフェット等に影響を受けています。八戸市在住。

楽天証券が最近次々と投資家にとってお得なサービスを開始しています。まずは、2018年11月1日から、三菱UFJ国際投信が運用するETFブランド「MAXIS」シリーズ16銘柄の売買手数料が0円になります。選択コースにかかわらず、また現物取引のみならず信用取引も対象となります ...

トランプ大統領の米国保護主義の政策が議論を呼んでいます。特に中国との貿易問題は今後どうなるのか?米国株式市場のみならず、長引けば米中以外の第三国にも影響が及ぶ可能性があるため世界中が注目しています。そんななか今日は一つの警鐘をご紹介したいと思います。も ...

画像はジェレミー・シーゲル「株式投資」参照上のグラフは20世紀の米国市場の主要なピーク時に100ドル投資した場合の実質トータルリターンを表したものです。過去100年間にあらわれた8回のピーク時に100ドル投資して、そのまま10年・20年・30年と株・長期債・短期債を持ち続 ...

今日の記事はアセットアロケーションを決める際の「債券の必要性」について考えていきたいと思います。以前の記事「アセットアロケーションを考える 初めての投資」の続編その5となりますので是非まだ読んでない方はその2~4もご覧ください。アセットアロケーションを考 ...

今月22日の時点で、過去1年の最高値から20%以上下がったS&P500企業の割合は34.1%となりました。調整局面の基準となる下落率10%以上の銘柄は全体の70%を超えます。今後のアメリカ株式市場やS&P500の見通しについて、いろいろな意見がとびかっています。米国以外では、バン ...

バンガードグループのストラテジストであるジョナサン・レコム氏は「アメリカの株式市場は2018年も2019年も上昇する」と予想しています。今日は10月25日の東洋経済オンラインに非常に興味深い記事が掲載されていたのでご紹介します。全文はこちらから↓東洋経済10/25記事それ ...

今日はアメリカ経済を製造業と金融業の視点から振り返ってみようと思います。2007年絶好調のアメリカ経済。当時(銀行、投資期間、保険会社など)金融機関の利益はアメリカ企業の利益の40%を占めるまでになっていました。これは過去どの期間にもなかったことです。1950年代 ...

今年に入ってからS&P500のPERは、16~17倍くらいの間で推移しています。先週10月4日~10日の株価下落局面では、10日の時点で16.1倍にまで下がりました。11日には一時16倍以下に下げたものの、現在はそこから少し上昇。(12日からの決算発表がおおむね良好ということもあります ...

投資に限らず、何か一つの事を10年、20年と続けるということはとても大変なことです。トップアスリートやエリートビジネスマンでも「バーンアウト(燃え尽き症候群)」にかかることがあります。最終目標に対して一生懸命に頑張っていた人が疲れ果て、全てに対してやる気を失 ...

今日はアルファベットの成り立ちを紹介しようと思います。ちなみにGoogle.incやラリーページの話は一切出てきません。笑でも革新とコミュニケーションの大切さの教訓です。今朝自分の英語力のなさを実感したので(笑)英語を勉強しようと思いたち、まずはABC~Zのアルファベ ...

ジム・クレーマー氏が今週末キレッキレの発言をしていましたので簡単にまとめてみました。ちなみにジム・クレーマー氏はCNBC投資番組やラジオの名物パーソナリティーで。全米NO1?の投資指南役とも言われています。この本などで日本でも一部米国投資の間ではお馴染みですね。 ...

最近の米国市場の下落により、不安になっている米国株投資家の方もいるかと思います。特に去年や、少し前の好調な場面で米国株を始めた方は、もしかしたら既に後悔してしまっているかもしれません。でもそんな心配は米国株には不要です。過去のS&P500の推移などがその証拠で ...

先週1週間は久々に市場が大きく動いた一週間となりました。世界同時株価下落などと報じられましたが、実際にどのくらい変化があったのでしょう。私は長期投資家なので、前日や数日ではなく一か月前の株価と比較してみたいと思います。(それでも短すぎるくらいですが、今回の ...

昨日の日経平均株価は、前日終値と比べ103円80銭高の2万2694円66銭で取引を終えました。朝一で少し上がりましたが、14時から更に上昇。昼に発表された中国の貿易統計で輸出が予想を上回る伸びとなったことが安心材料となったようです。S&P500やアメリカ市場も戻るのでしょう ...

↑このページのトップヘ