バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

バンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。NISAやiDeCOも継続中。米国株や海外ETFの情報、本の書評等など気ままに更新してます。バンガード社の理念や投資哲学が好きです。ジョン・ボーグル、タレブ、ウォーレンバフェット等に影響を受けています。八戸市在住。

7日、S&P500は過去最高値を更新。米国株式市場は4日続けて続伸ダウ、ナスダック、S&P500の主要株価3指数は取引中、終値ベース両方で史上最高値を更新しました。中国が、米国に対する追加関税の税率を半分に引き下げると発表したことも市場に評価されました。一部では影響も・ ...

「VT」とは全世界の株式市場にこれ一本で低コストで分散投資ができるETFです。 先進国や新興国市場を含む約47ヵ国の小型株を含む、約8,000銘柄で構成され、 全世界の投資可能な市場時価総額の98%以上カバーしています。VTの市場別・構成比率バンガードのHP参照 2019年 9 ...

米国のミューチュアル・ファンドの拡大1980年から1998年までの約20年間で、米国の株式ファンドの資産規模は、約340億ドルから、2.8兆ドルへと82倍も増加しました。約16年間に渡る長期上昇相場に、多くの投資家が引き付けられ資金が集まりました。1998年の時価総額トップ10と ...

米国・非製造業も好調。1月の非製造業総合指数(NMI)は55.5と良かったです。(市場予想は55.0)景気拡大・縮小の分かれ目となる「50」を上回り、米経済が緩やかに伸び続けることを示す結果となりました。米国の経済の約3分の2を非製造業が占めています。サブ指数につい ...

バフェットと外国為替世界一の投資家ウォーレン・バフェットは2002年に人生初めて外国為替取引をしました。当時のアメリカの貿易赤字による巨額債務を懸念しての事です。バークシャーは、02年末時点で12の通貨に渡って214億ドルの外国為替取引を結んでいます。バフェットは、 ...

インドネシアのGDP2019年・.第4・四半期のインドネシアのGDP(国内総生産)は、前年比+4.97%でした。市場予想の+5.04%に届かず、3年ぶりの低水準となりました。2019年の一年間のGDP成長率は5.02%と、 政府目標の5.3%に届きませんでした。期待の新興国として注目されてい ...

現金は王様?ゴミ?1980年代初めの米国では「現金はゴミ」という言葉が多く聞かれました。一方で、2008年の終わりには、「現金は王様」という言葉が流行りました。投資に回すための現金については、各々、意見や戦略があると思います。それらを否定するつもりは一切ありませ ...

ISM製造業景気指数 1月のISM製造業景気指数は50.9でした。前月   47.8市場予想 48.5半年ぶりに、判断の分かれ目となる50を上回りました。昨年7月以来の高水準で、月間の伸びとしては2013年半ば以来で最大となりました。ISM製造業景気指数とは? 全米供給管理協会(ISM ...

株価を決める要因株価を決定づける大きな要因は、「企業の業績」と、「金利」です。今回は、金利について話していきたいと思います。現在の各国の金利2020年現在、多くの国の金利が非常に低い状態にあります。日本のようにマイナス金利の国もあります。各国の中央銀行は、既 ...

八戸市の唯一残念な所私は青森県の八戸市に住んでいます。私にとって八戸市は、田舎すぎず、都会過ぎず、ほどよく栄えており、すごく良い街。・・・なのですが、一つだけ残念に思うことがあります。八戸市の「投資本」事情。それは、大型書店がない。故の投資本の少なさです ...

米国と米国を除く市場のサイクル米国市場が好調の時に、米以外の市場が低迷し、米国以外の市場が好調の時に、米国市場が低迷するという局面は、これまで何度もありました。世界の株式市場の年率複利利回り世界の株式市場の年率複利利回りと標準偏差を見ていきましょう。ドル ...

米株式市場は優秀(だが・・・)米国株式が米国の無リスク資産(1カ月物のTビル)をアウトパフォーマンスした確率は以下の通りです。1年間  66%3年間  76%5年間  82%10年間   90%20年間   96%(1927~2015年 ドルベース)投資期間が長くなるにつれて、米国株 ...

金融危機「前」の出来事今回は、バンガード社が、リーマンショックやITバブルなど金融危機の前にどういう状況に陥り、どう決断したかを紹介します。金融危機の時に限らず、投資において、「ノー」と言う事は、「イエス」と言う以上に重要な事だと思います。「なぜ、投資をし ...

「感情をコントロールせよ」「正気を失うことなく、忍耐を持ち、規律を守り、損失と逆境を受け入れる能力が必要です。」チャーリー・マンガー(2005)「完全なる投資家の頭の中」より引用。「冷水実験」人は感情によって、合理的な判断ができなくなる事があります。今回はそ ...

株式投資の1ページ目。ジェレミー・シーゲルの名著「株式投資 第4版」その記念すべき、第1ページ目には、「ジェレミー・シーゲルはデータを芸術に変えた」という、ピーター・バーンスタイン氏の素敵な推薦の言葉が載っています。ピーター・バーンスタインとは。ハーバード大 ...

↑このページのトップヘ