バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

バンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。NISAやiDeCOも継続中。米国株や海外ETFの情報、本の書評等など気ままに更新してます。バンガード社の理念や投資哲学が好きです。ジョン・ボーグル、タレブ、ウォーレンバフェット等に影響を受けています。八戸市在住。

バンガード社のレポートバンガード社は2017年11月に「米国株の上昇に伴い、リスクとリターンのトレードオフが複雑に」というレポートを公開しました。レポートの内容レポートには、米国株式のみのポートフォリオについて指摘や、(2017年からみて)5年後、10年後の米国株式の ...

人生を通じて、リスク許容度は変化します。リスクに対して、生涯を通じてずっと同じ考えを持ち続ける人はほとんどいません。結婚したり、子供が生まれたり、リタイアしたり、歳をとったり・・・当たり前の事ですが、時とともに、人生は変化していきます。年齢を重ね、知識や ...

16歳で株を買った女性のお話ペンシルベニア州 ヘンリー・シェック 36歳(当時)の手記私が16歳のとき、父はわずかな遺産の中から、私に1000ドルをくれました。そして株式を買うように勧めたので、私は、自分が放課後友達と長い時間を過ごす店を経営している会社の株を20株 ...

現金について現金を保有していることは、傍観者としてじっとしていることだ。これは時に最も賢明なことだが、非常に難しい事でもある。アンドリュー・トビアストビアスはおもしろい。最近米国投資を始めた日本人投資家の方には、あまり知られていないかもしれませんが、アン ...

ダウ平均の下落の歴史1914年から2014年までの間、ダウ平均が「4標準偏差以上」下落をした回数は30回を越えます。ガウス分布では、4標準偏差下落する日は、3万1500日で1日。つまり100年に1度くらいの頻度ですが、実際には何度も起きました。理論上、理論と現実の間に差はあり ...

今日、八戸市でおしゃれなブラックボードを見つけました。東北の田舎町八戸市でも文明開化の音がします。(内容もえげつない商品とかではなかったので少しホッとしています。)ただ、個人的には、手数料の高い銀行や大手証券会社ではなく、手数料の低いネット証券をお ...

米国公益セクターについて安定した株式を求め、米国の公益株(セクター)にたどりついた投資家の方も居るかと思います。また米国の公益株は、市場平均を上回る配当利回りを安定して提供していることから、高配当狙いの投資家にも根強い人気があります。画像はSBI証券のHPより ...

19世紀のアフリカの地図19世紀後半のアフリカの地図を見てみると、北部や沿岸地域は、川など正確な情報が書かれています。その一方で、内陸部の大半はヨーロッパ人にとって未開の土地でした。どこに何があるか、地理も歴史も、文化や人口もわからないにも関わらず、1884年ベ ...

米国労働市場は依然底堅い米労働省によると、21日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は、22万2000件でした。(市場予想は22万4000件。前週比1万3000件減)労働市場の堅調さが表れた統計となりました。(カリフォルニア州とハワイ州など6州とプエルトリコは推計値 ...

運用報告本日iDeCoの今年6月~12月の7か月分の掛け金が、無事銀行口座から引き落とされていました。今年から手数料節約のため、12月にまとめて一年分を払う「年一回払い」に設定したのですが、何分初めての事だったので、これで本当に大丈夫だろうかと、少しドキドキしていま ...

画像は cdn.mkimg.carview.co.jpより人生山あり谷あり。投資も同様で、長く投資をしていれば、良い時もあれば悪い時もあります。綺麗な街にも谷がある。私の住む八戸市も、一般的には、海の綺麗な街として知られています。でもその一方で、日本一深い地点があることはあまり ...

アマチュア投資家を熱くさせたピーターリンチ私の本棚の奥の方に眠る一冊「ピーター・リンチの株で勝つ」より「アマチュア投資家がプロのファンドマネージャーに対して優位性を持っている」「大勝ちする会社はどんな産業からでも出てくる。明日の大化け株を探し続けよ。」「 ...

バンガードのレポートより2020年は世界経済の減速がさらに進み、政策に対する不透明感、景気サイクル後期のリスク、割高感が高まっていることから、投資家はボラティリティが周期的に上昇する可能性を予測しておかなければなりません。レポートの全文はこちらから2020年の経 ...

↑このページのトップヘ