バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

2015年からバンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。毎日、米国株や海外ETFを中心に投資・資産形成に役立つ情報を発信中。NISAやiDeCOも継続中。

【高値買いの安値売り】米国の401(k)口座の口座残高に占める株式投資の割合※401(k)は米国版のiDeCoとお考え下さい。ICIのレポートより引用。2000年と2010年の各世代の株式の保有を比較すると、20代を除きほとんどの401(k)参加者が、株式へのエクスポージャーを減らしてい ...

広瀬隆雄氏「ナスダックの3倍で積み立てている連中はバカ」7月、広瀬隆雄氏は自身の動画チャンネルにて、レバレッジ・ナスダックについて視聴者からの質問の飛び、以下のように回答していました。2:43:30 レバレッジNASDAQのご見解「あまりすきじゃないですね」3:12:21 ナス ...

S&Pダウジョーンズ社のレポートによると、8月S&P500は、指数の分散、ボラティリティ、相関のすべてが、過去の観測値(2007年1月から現在まで)の下位4分の1に収りました。S&P500だけではなく、S&P400(中型株)とS&P600(小型株)を合わせてた、S&P1500も同様の傾向を示して ...

VXFとはバンガード・米国エクステンデッド・マーケットETF(VXF)を紹介します。米国株式市場の中型~小型株をカバーする、S&Pコンプリーション指数に連動したパフォーマンスを目指したETFです。S&P500を補完するETFで、VOO投資家が米国の中・小・超小型株にも投資をしたいとき ...

【9月2日 米国株式市場】S&P500とナスダックが最高値更新。S&P500は今年54回目の最高値更新となりました。ダウ     35,443 +0.37%ナスダック  15,331 +0.14%S&P500      4,536    +0.28%小型株のラッセル2000は+0.74%と大型株より上昇。VXUS(全世界株 ...

【S&P500とS&P500各ファクター指数の比較】2021年7月末から過去15年のデータ縦軸が15年のトータルリターン(年率)横軸がボラティリティいろいろなファクターや戦略がありますが、過去15年でS&P500よりも高リターンかつ低リスクだった戦略(S&P500ファクター指数)は、「グロ ...

【9月1日 米国株式市場のまとめ】Nasdaqが終値ベースで最高値を更新。ハイテク株が買われる一方で、金融・エネルギー株が売られました。ダウ    35,312 -0.14%ナスダック 15,309 +0.33%S&P500     4,524 +0.03%小型株のラッセル2000は+0.58%と大型株より ...

【8月31日 米国株式市場】主要株価指数は揃って下落。米小型株やVXUS、不動産セクターは上昇しました。ダウ    35,360 -0.11%ナスダック 15,259 -0.04%S&P500     4,522 -0.13%S&P500指数は月間で約3%上昇しました。小型株指数のラッセル2000は+0.34%と ...

【投資の結論】今月からオススメ書籍として紹介している、北村慶氏著「金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論」筆者の北村慶氏は、もちろん私などはお会いしたこともないのですが、その経歴だけを見ても、本書の記述を見てもわかるとおりめちゃくちゃすご ...

【8月30日の米国株式市場】30日の米国株式市場はナスダックとS&P500が終値ベースで最高値を更新。大型グロース株が市場を牽引。ダウやバリュー株はやや下げました。ダウ    35,399 -0.16%ナスダック 15,265 +0.90%S&P500     4,528 +0.43%小型株指数のラッセ ...

【優良投資番組の紹介】経済評論家の山崎元氏とフリーアナウンサーでファイナンシャルプランナーの荻野奈緒美氏が、「お金」をメインテーマに10分間のオンライン配信番組「山崎元&荻野奈緒美の儲かるかも知れないホンネ・トーク!」を紹介します。初歩的なお金や資産形成に ...

【S&P500とダウの売買回転率】S&P500とダウの売買回転率の違いを紹介します。1997年から2020年までの期間において、S&P500とダウの売買回転率は、S&P500 4.56%ダウ    5.82%とほとんど差はありませんでした。ただ、年間売買回転率をみると少し違いが見て取れます。S&P5 ...

↑このページのトップヘ