バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

バンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。NISAやiDeCOも継続中。米国株や海外ETFの情報、本の書評等など気ままに更新してます。バンガード社の理念や投資哲学が好きです。ジョン・ボーグル、タレブ、ウォーレンバフェット等に影響を受けています。八戸市在住。

1月29日「楽天・バンガードシリーズ」の第5弾として全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドが発表されました。まずは簡単に概要を紹介します。設 定 日  2019年2 月15日(金)商品名:楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンド愛称:楽天・バンガード ...

先週までにS&P500企業の22%が決算を終えました。まずは先週一週間S&P500の動きを振り返って見たいと思います。S&P500企業のEPS(1株当たりの利益)の増加率は前年同期比+10.9%の予想とまずまずです。(決算済企業の実績+今後の発表する企業の予想と合わせて)EPSが予想 ...

シーゲル教授は著書「株式投資」にて「1802年~2001年の間、各アセットに1万ドル投資したらどうなったか」を調査しました。最初のグラフはアセットごとのインフレ調整後の実質リターンを表した有名なグラフです。〇配当はすべて再投資している点〇税金を無視している点〇 ...

ボーグル氏の著した「インデックス投資は勝者のゲーム」その第一章は「寓話ーゴットロックス家の人々」から始まります。この話は、世界一の投資家ウォーレンバフェットが2005年のバークシャーハサウェイの株主への年次報告書に書いたものをボーグルがアレンジしたものです ...

30代 世界一の投資家ウォーレンバフェトの苦戦1967年、ダウ平均が19%の上昇に対して、バフェットは35.9%の驚異的なリターンを出していました。その一方、米国株式市場が上昇すると割安株はほとんどなくなってゆきます。1968~1969年の上昇相場において、バフェットのアイデ ...

前回のブログで米国の「決算を後から修正した企業」「あるいは証券取引委員会との和解に関与した(罪を認めても否認もしていない)」企業リストを紹介しました。(詳しくは前回の記事をご覧下さい)今日は関連して企業の「利益操作」について記事にしたいと思います。1990 ...

クイズです。これら米国企業の共通点はなんでしょう?マイクロソフトゼネラルエレクトリック(GE)ブリストル・マイヤーズ・スクイブコカ・コーラKマートエンロンAIGロイヤルダッチシェルコダックシティバンクタイム・ワーナーメリルリンチワールドコムファニーメイボーイ ...

「なぜ投資・資産運用が必要か」今日は「なぜ投資が必要か」というテーマについて考えていきます。その回答は(インフレ対策や老後資金など)様々な理由が考えられますが、そのたくさんある答えの中から、今日は一つに絞って話を進めていきます。(あくまでも「なぜ投資が ...

今日おもしろいニュースがあったのでご紹介します。株「回転売買」横行…手数料総額6400万円手数料を稼ぐため顧客に株を短期間で買い替えさせる「回転売買」が横行し、証券取引等監視委員会が警戒を強めているとのこと。外国株の取引で損失を出す高齢者が目立ち、監視 ...

S&P500の過去のリターン1900年~2016年 平均9.5%1974年~2016年 平均11.7%インフレ調整後でも6.5~6.9%となっております。かなり魅力的なリターンを長期間に渡って投資家にもたらしてくれました。ボーグル氏の向こう10年の予測「インデックス投資は勝者のゲーム」 ...

今日はバンガードの創始者ジョン・C・ボーグルの名言を紹介していきたいと思います。ウォーレンバフェットやチャーリーマンガー、ピーターリンチ等の名言・格言は、皆さまもよくご存知かと思います。では「ボーグル氏の名言は?」と聞かれて、すぐ思いつく人はなかなかい ...

1月16日(米国時間)バンガードの創業者ジョン・ボーグル氏が逝去いたしました。享年89歳。心よりご冥福をお祈り申し上げます。ボーグル氏は私が最も尊敬する投資家でした。ジョン・C・ボーグル氏についてボーグル氏は世界最大の投資信託運用会社であるバンガード・グル ...

ヨーロッパ人と違ってアメリカ人は「高い教養を培わない」「数学ができない」「知性が足りない」などという皮肉があるそうです。(ちなみにここで言う「高い教養」とは、絵画や音楽に詳しいとかゲーテに通じているとかそんな感じです。)その一方でヨーロッパ人も(そして ...

↑このページのトップヘ