S&P500ETF(VOO)と米国株に投資するりんりのブログ

S&P500ETF(VOO)に長期投資してます。NISAでVOOやBNDをドル建てで、iDeCOは楽天VTIに投資しています。米国株の情報や、書評等など赴くままに更新してます。ジョン・C・ボーグル、バンガード、ウォーレンバフェット等が大好きです。八戸市に住んでます。

新年あけましておめでとうございます。まだまだ未熟者のりんりですが、今年もS&P500(VOO)ともどもよろしくお願いします笑。昨年の米国株式市場は非常にボラティリティの高い、難しい相場となりました。〇〇ショックの時などに使われる英語「crisis(クライシス)」は日本語 ...

米国株式市場の最初のバブルをご存知でしょうか?意外にも1929年の世界恐慌直前ではありません。20世紀のご祝儀とも言われ、「新時代」の期待に胸躍る1901年6月の株価のピークに、まぎれもなく投機的な熱狂が報告されています。私は1999年~2000年の世紀を跨いだの年越しを ...

米国株に関して、デビッド・エリアスの主張を、彼の著した「ダウ 40000」から一部引用したいと思います。ある個人が、ダウ平均が投資の「最適のタイミング」を指し示す瞬間を待ち続けたらどうなるか。例として、私の友人の一人ジョーの話を紹介しよう。ジョーが株式投 ...

「株式市場は、ただ株式を購入して市場の変動にかかわらず保有し続ける長期保有者にとって、最も優れた投資対象である」あなたはこの主張に同意しますか?ロバートシラーが米国の裕福な個人を無作為に抽出し、上記の質問をしたところ、174名から回答が得られました。その ...

約6000社の企業に関するアナリストの勧告をまとめたところ(ドットコムバブルに向け株価が高騰している)1999年後半に「売り」の勧告は1.0%しかでていませんでした。ちなみに「買い」は69.5% 「待ち」29.9%となっていました。(ザックス・インベストメント・リサーチ ...

今日は米国と経済的ライバル国についての記事です。少し歴史を振り返っていきたいと思います。冷戦終結に前後して、多くの国が西側の経済システムを取り入れていきました。中国は1970年代後半から市場原理を支持しています。ソ連は自由市場に徐々に寛容になっていった後、 ...

株式投資から得るリターンのうち、配当は多くの部分を占めています。1900~2016年の米国の株式投資のトータルリターンは平均9.0%でした。そのうち配当がもたらしたリターンは4.4%と大きな部分を占めています。(残りは株価成長4.6%)1930年代の米国株式投資のトータルリ ...

インデックスファンドやETFには様々な種類があります。インデックスファンドやETFは「世界中の株式市場」の「いろいろな地域」ごとに、簡単に低コストで分散投資できるツールとして多くの投資家に利用されています。また地域だけに限らず、大型株・小型株。割安株・成長株 ...

「敵を知り己を知れば百戦あやうからず」と孫子は言います。投資もまず、己を知るところから始まります。投資の成功は「知的能力」と「情緒面の能力」に依存します。「知的能力」とは、企業の財務の分析能力、情報収集と活用力、個別情報を統合して判断する能力などです。 ...

ウォーレンバフェットがバークシャーを購入したのは1962年のことです。習得価格は一株当たり14.86ドル。時価総額1500万から1800ドルでした。現在の株価は約29万ドル。時価総額は約54億ドル。利益は数千億ドルと考えられています。バフェット自身は「バークシャーへの投資 ...

複利の力を少し復習しましょう10万円を4%~12%で運用した時の「増加額」を、10年単位で見ていきましょう。「4%」    48024円(10年)  119111円(20年)   224337円 (30年) 「8%」  115892円(10年 )   366094円(20年)      906260円(30年)「12% ...

世界一の投資家ウォーレンバフェットが、初めて外国為替取引をしたのは2002年3月のことです。バフェットが投資を始めてから、実に50年以上過ぎてからのことになります。それまで、バフェットは資産の全てをドル建てで保有していたそうです。2004年には、バークシャーハサ ...

皆さんの理想的な投資家やパフォーマンスとはどのようなものでしょうか?現在のような厳しい米国株式市場だからこそ、今一度基本に立ち返り考えてみたいと思います。市場と同等のパフォーマンスをあげることは簡単です。リスクとリターン、両面とも市場と同等のパフォーマ ...

個人的な意見ですが「S&P500に投資する=米国のみに投資する」というのは正確な表現ではないと思っています。今日は、私がなぜVTなど全世界、もしくは先進国投資ではなく「S&P500」に集中投資しているか?その理由の1つをお話していきたいと思います。(全ての理由を語る ...

ジェラルド・ローブという伝説の投機家をご存知でしょうか?1929年の世界恐慌へと続く大暴落を事前に予想し、40年以上の長期にわたってウォール街に君臨しました。彼が1935年に執筆した「投資を生き抜くための戦い。時の試練に耐えた規律とルール」は名著で、今でも通用す ...

↑このページのトップヘ