S&P500ETF(VOO)と米国株に投資するりんりのブログ

S&P500ETF(VOO)に長期投資してます。NISAや特定口座でVOOをドル建てで、iDeCOは楽天VTIに投資しています。米国市場や株の情報、本の書評等など赴くままに更新してます。ジョン・C・ボーグル、バンガード、タレブ、ウォーレンバフェット等が大好きです。八戸市に住んでます。

日本の課題解決のために。超高齢化に伴う医療費増大、少子化、労働力減少、国際競争力低下、エネルギー問題…こうした日本の課題を、さまざまな切り口で解決する。世界や未来に目を向け、成長を目指す人や企業の力になる。それが、日本におけるGEの使命だと考えています。 ...

23日、S&P500指数が過去最高値を更新しました。ツイッター、ロッキード・マーチン、ハズブロなどの好調な決算を受けて株価は上昇。S&P500は昨年12月24日に付けた安値から約25%上昇しました。S&P500ETF(VOO)投資家として実はこのニュースをさっき知りました。普段、本当 ...

日々流れるニュース今後の市場は上昇する・下落する。株価は上がる・下がる。ブルだ・ベアだ。決算・為替など・・投資をしていると様々な予想を耳にします。投資家自身も各々何かしら、今後のシナリオや予測などを、頭の片隅や腹の奥底に抱えていらっしゃると思います。い ...

米国金融大手1-3月期の決算が出揃いました。先陣をきったのはJPモルガンの「四半期ベースで過去最高益」という素晴らしい決算でFRB(米国連邦準備理事会)の利上げを追い風に、利益と収入は共に市場予想を大きく上回りました。しかし、その後発表された、他の金融大手5社 ...

前回までのあらすじりんりは地銀に勤める高校生の友達に再開し、話を聞くことにこれまでの記事のリンクです。第一章 「再会」第二章 「銀行へ」最終章 「高い手手数料」今回で地銀の話を閉めたいと思います。実際に勧められた商品国債、外貨預金、少し投信もという感じ ...

アットホームな地銀ですりんりがブースに座ると奥の(偉そうな)人がニッコリ笑顔で会釈をしてきたり別の人が「○○君の高校の同級生なんだって?」と話しかけてきたり、かなりアットホームな地銀でした。某地銀の良い所その① アットホームな地銀です。余談ですが、隣の ...

前回に続き、りんりが某八戸の地銀に行って投資信託や資産運用を勧められてきた話です。第一章はこちらからりんりVS地銀営業員 第一章「再会」~交錯する二人の想い~支店に入ると「あなたのお金が狙われている」特殊詐欺に気をつけて!というようなポスターが入り口付近 ...

八戸の某地銀の某支店にりんりの高校時代の同級生が勤めています。八戸に戻ってきたばかりのころ偶然再会しその後、お願いされて、その銀行に口座を作ったという経緯があります。いっしょに投資信託や国債も勧められましたが、その時は丁寧にお断りしました。また、私が既 ...

ロナルド・リード氏の話アメリカのバーモント州でとある男性が92歳で他界した際、その遺産を調べたら、9.7億円もの株券が出てきたという有名な話があります。リード氏は人生の大半を、地元のガソリンスタンドの給油係、後に地元の百貨店JCペニーの掃除夫として過ごしまし ...

ロイター通信によると17日ファイナンシャル・アドバイザー向けのイベントで資産運用会社ブラックロックのストラテジスト等は今後、株式や債券はこれまでのような高いリターンは望めないとの見方を示しました。バンガード社も株式や債券のリターンは低下するとの見解を示し ...

ファンドマネージャーを志す者が一人前になるのは10年から15年かかると思うby バートン・ビッグス今日の結論はこの言葉が全てかもしれません。私がインデックス投資を勧める理由はいくつもありますが、今日はそのうちの一つ。投資で経験を積んだり、スキルや知識を会得 ...

資産配分を考える時、(特に昨年くらいまでは)株と債券の比率だけを語られ、現金は「株や債券を買うための準備」くらいにしか思われていない節があったように感じます。おそらくシーゲル教授の研究など影響もあるでしょう。(また逆に投資をしていない人は、現金を過信し ...

200年前に米国株に投資をしていたら・・・というと「シーゲル教授の研究」1801年(200年前)に米国株式市場に投資した1ドルが2001年に約60万ドルになった。という「例のグラフ」を思い出される方が多いと思います。「ウォーレンバフェットからの手紙」1626年にインディア ...

「成長株」と「成長企業」の違い私はピーター・バーンスタインが好きです。名著「リスク」はいかにもりんり好みという本で、年に1度は読み返したくなります。しかし、今日はお説教のようなリスクの話ではなく(笑)みんな大好きな「グロース株」についてピーターバーンス ...

↑このページのトップヘ