バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

バンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。NISAやiDeCOも活用中。米国株や海外ETFの情報、本の書評等など日々赴くままに更新してます。ジョン・C・ボーグル、バンガード、タレブ、ウォーレンバフェット等が好きです。八戸市在住です。

SBI・バンガードS&P500インデックスファンドの登場バンガードが運用する、S&P500指数に連動するETF(VOO)を投資対象とした「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」が先日発表されました。新規募集期間は2019年9月12日~2019年9月25日ですので、12日から購入を申 ...

QQQとはインベスコQQQトラスト・シリーズ1(Invesco QQQ Trust Series 1)とは、ナスダックに上場している時価総額が最大規模の非金融企業100社を含む、ナスダック100指数に連動した投資成果を目指すETFです。コンピューターハードウエア ・ソフトウエア、通信、小売り・ ...

ふと、思い出した1冊の本昨今の〇んぽ生命など、日本企業のあまりよくないニュースを見ていて、ふと手に取った一冊がありました。ジャック・ボーグル著 「波乱の時代の幸福論 マネー・ビジネス、人生の「足る」を知る」です。ジョン・C・ボーグル氏は私が最も好きな投資家 ...

デイビッド・スウェンセンおすすめポートフォリオ イエールモデルで有名な「機関投資家界のウォーレンバフェット」ことデイビッドスウェンセン氏が、個人投資家に勧めるポートフォリオを再現してみました。バンガード社の投資信託を使いましたが、もし、日本の個人投資家の方 ...

1500年の全世界の人口1500年の人口は、世界中、全ての人間を合わせても5億人でした。2017年の人口は76億年、国連予測によると、2100年には110億人に達するとのことです。財とサービス、消費の拡大。1500年の人類によって生み出された、財とサービスの総価値は、現在のお金に ...

SBI・バンガードS&P500インデックスファンド爆誕!2019年8月27日、SBIアセットマネジメント株式会社より、有価証券届出書が提出されました。その内容は、国内投資信託として「SBI・バンガードS&P500インデックスファンド」を設定するというものです。概要新規募集期間  201 ...

アンリ・ド・モンテルランは自殺した。アンリ・ド・モンテルランはピストル自殺した。1972年、フランスの作家だったモンテルランは進行性の病気で失明すると宣告され、自ら命を絶つのが一番適切な行動だと考えたから。偶然に左右される結果に直面した時モンテルランは「偶然 ...

バンガード不動産ETF (VNQ)今回はVNQの中身のREITについて紹介していきたいと思います。VNQはバンガード社が運用している、米国不動産に投資するETFです。詳細は以前書いた記事をご覧下さい「VNQ バンガード不動産ETFとは?」米国内の不動産投資信託(REIT)、オフィスビル ...

VNQとは今回は、 バンガード不動産ETF(Vanguard Real Estate ETF)VNQを紹介します。米国内の不動産投資信託(REIT)、オフィスビル、ホテル、不動産会社など、米国の不動産市場に、低コストで幅広く分散投資ができるETFです。MSCI US Investable Market Real Estate 25/50 ...

2019、20年の世界経済の見通しIMFの世界経済の見通しによると、2019・20年は世界全体で3%ほど成長すると予想されています。中国が未だ新興国扱いされていることに思う所もありますが(笑)全体的に見ると概ね納得できる予想だと思います。日本の成長率はというと・・・少し ...

トレンドをフォローする戦略投資戦略の一つとしてトレンドをフォローする戦略があります。長期的に、また世界中の市場で「市場は大抵の場合(何らかの)トレンドを示す傾向がある」とされており、投資家の行動上のバイアス・政府や中央銀行の介入・ヘッジ需要などにより、あ ...

先週のとある出来事について今回の記事はかなりプライベートな内容となります。なるべく素直な気持ちを書こうと思いますので、ご容赦ください。金曜日に20万円入金しました。投資ブログなので投資の話から。今月もバンガードS&P500ETF(VOO)購入のために20万円ほど入金が完 ...

親戚から貰った1冊の本(と大量のバナナ)つい先日、親戚から一冊の本と大量のバナナを貰いました。写真には写っていませんが、大きめのスーパーの袋あと2袋分くらいあります。私はどちらかと言えば硬めのバナナの方が好きなので、バナナが黒く・柔らかくなる前に何とか処理 ...

PFFとは「PFF」iシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETFを紹介します。iシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETFは、米ドル建て優先株式・ハイブリッド証券を対象とした指数と同等の投資成果をあげることを目指しているETFです。最大の特徴は「高配当」&「毎月分配」とい ...

低ボラティリティ戦略の有効性。1972年、フィッシャー・ブラックは、ボラティリティが低い銘柄のパフォーマンスが市場平均より優れているという論文を発表しました。低ボラティリティ戦略は株式だけでなく、債券にも当てはまること、世界中の株式市場で有効ということも、後 ...

↑このページのトップヘ