バンガードS&P500ETF(VOO)と米国株に投資するりんりのブログ

バンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。NISAやiDeCOも活用中。米国株や海外ETFの情報、本の書評等など日々赴くままに更新してます。ジョン・C・ボーグル、バンガード、タレブ、ウォーレンバフェット等が好きです。八戸市在住です。

1970年から2016年までの47年間、S&P500指数の年間崩落率は+37%~-37%の間を激しく変動してきました。この間の長期での年平均崩落率はだいたい+10%となります。おそらく多くの投資家は平均リターン10%という数字に満足したことでしょう。しかし、この「平均」という ...

リーマンショックを的中させ巨万の富を得た後、ギリシャ危機も的中させ、米国金融界を驚かせたヘッジファンドマネージャー、「カイル・バス」について紹介します。リーマンショック時には18か月で600%という驚異的なリターンをあげています。最近はFANGなどIT銘柄の失速 ...

今日は米国の有名投資家デイビッド・スウェンセンと、その投資手法について記事にしたいと思います。デイビッド・スウェンセンはエール大学のCFO(最高財務責任者)として、任期の27年の間に資産10億ドルを239億ドル(約24倍)に成長させ、年利回り13.9%という素晴らしい ...

S&P500指数は素晴らしい指数です。それは私だけの主張というではなく、ボーグル氏やウォーレンバフェット初め多くの米国株投資家の常識といっても過言ではありません。では、S&P500は最高の投資結果(リターン)をもたらすのでしょうか?答えはNOです。例えば少し古いデー ...

今日のテーマはS&P500指数のチャートです。最初のチャートをご覧ください。1802~2001年の200年間チャートになります。短期では多少の上下もあるものの綺麗な右肩上がりのチャートとなっています。しかもよくみるこのグラフなのですが、インフレ調整後の実質リターンという ...

アメリカのGDPは通常+5%から-2%の範囲で成長してます。バブルの前後などは大きく振れる時もありますが、それでも上のブラフからわかる通り、何10%も極端に上下することはありません。経済の成長や、景気の浮き沈みは企業の利益に大きく影響します。GDPの拡大は「消費 ...

参照ブルームバーグ ゴールドマンサックスがS&P500指数の2020年までの最新予測を発表しました。タイトルは「S&P500の利益成長(EPS)が2020年に4%まで減速」というネガティブなものです。例のごとく、りんりの拙い英語力で要点をまとめます。しっかりと内容を確認されたい ...

今現在とても高いリターンを叩き出している企業の株、アクティブファンドなどは、当然追加的な資金流入をもたらします。やがて定番化し、人気過多になるとリターンの期待値は平均へと近づいていきます。(最悪市場平均を下回るまでになります。)トレンドを追いかけて値上 ...

今年も残りあと一月半くらいとなりました。2028年の自分は、「2018年にもっと攻撃的になっていればよかった」と思うでしょうか?それとも「2018年はもっと消極的になっていればよかった」と思うでしょうか?「あの株を2018年の時点で買えばよかった」と後悔しそうな株はあ ...

知っている人には「S&P500ETF(VOO)?ずいぶん手堅い投資をしているね」と言われ、知らない人には「米国に投資?ドル?ETF?恐すぎ、リスク高すぎじゃない」と言われ、雨にも負けず、風にも負けず、金利上昇にも、貿易問題にも負けない丈夫な投資戦略をもち欲は(そこまで ...

長期株式投資や投資信託を途中で辞める方、挫折する人を、ツイッターやブログを始めてから約半年の間に度々目撃することがありました。特に米国株は過去200年以上のデータを振り返れば右肩上がりであり、長期で続けていれば原則として参加者全てが勝てるプラスサムゲーム ...

先日投資情報を利益に変える重要な4つの要素について、以前ブログで簡単に説明したことがありました。簡単に説明したしますと投資の情報を実際に利益に変えるには1.他の人よりより良い情報を持っている2.手持ちの情報の解析に長けている3.データ解析からどのように行動を ...

8日、FRB(米連邦準備制度理事会)はFOMC(連邦公開市場委員会)で利上げ見送りを全会一致で決定しました。また、経済情勢についてはおおむね前向きな評価を下しており、12月の利上げがより濃厚をなりました。政府声明は、9月の前回のFOMC以降の経済指標は「労働市場の拡 ...

今朝のS&P500ETF(VOO)は258.16ドル(+5.34ドル、+2.11%)と久々に大きくあげました。中間選挙が終わったからでしょうか?10月29日に242.5ドル.11月2日には248.29ドルをつけていましたが、一週間もしないうちに10ドル近くあげました。中間選挙のようなイベントがある ...

↑このページのトップヘ