バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

2015年からバンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。毎日、夜19時に米国株や海外ETFなど投資に役立つ情報を発信中。NISAやiDeCOも継続中。八戸市在住。

感情に流されずに投資をするには。たまに「感情に流されずに投資をするにはどうすればいいですか?」というような質問を頂くことがあります。「ニュースや株価を見るな」とか「無心」「心を空に」とか精神論のようなものはいくつも語れますが、やはり、一人一人性格は異るた ...

人には好みがある。正しい情報を得られるように大声で叫んだとしても、どのみち人は自分の好きなように決めるのだからアビジット・V・バナジー(ノーベル経済学賞受賞者)同じくノーベル経済学賞を受賞している、ゲーリー・ベッカーとジョージ・スティグラーは、1977年に「好 ...

S&P500第2四半期で19%以上値上がりS&P500指数指数は四半期ベースで19%強値上がりし、1998年以降で最大の伸びを記録しました。新しく投資を始めた方や、サーキットブレーカーが続くボラティリティの高い相場の中でも、規律ある投資を続けた方、投資をやめなかった方が報われ ...

S&P500に長期投資を決めた日の話今回は私が初めてバンガードS&P 500 ETF(VOO)に投資を決めた時の話をしたいと思います。私はS&P500インデックスファンドに長期投資をしようと決意した日、もう、その日のうち番号を調べ、あるところに電話をしました。本当に私が長期投資に向 ...

Natixis SurveyのリサーチについてNatixis Surveyは2020年3月16日から4月24日までに、世界16か国の、平均20年以上の業界経験を持つ、2700人の金融専門家(ウェルスマネージャー、投資アドバイザー、ブローカー)など対して調査したところ、〇S&P500は年間で約ー7.0%〇MSCIワ ...

バフェットとインデックスファンドバフェットとインデックス投資と言えば、「10%を短期米国債・90%をS&P500インデックスファンドに」や「プロテジェ・パートナーズとの10年に渡る賭け」を連想する方が多いと思います。アリス・シュローダーの見つけた「答え」インスティチ ...

SBI証券のコラム SBI証券 にて、海外ETFを取り上げた特集記事がありました。SBI証券では、外国株式の取引の全体の4割を海外ETFが占めているそうです。「人気急上昇中の海外ETF!5つの人気の理由とは?」年間稼働口座数ランキング1 VYM  バンガード 米国高配当株式ETF2 A ...

昔の個人投資家世界一の投資家ウォーレン・バフェットが投資を始めたころ、米国株式市場の大部分が個人投資家で占められていました。そして、当時の個人投資家は情報へアクセスする方法は現在よりも遥かに限られていました。彼らはそれほど才能がありませんでした。プロの投 ...

やっぱり米国は魅力的このところ国際分散投資を勧める記事を多く書いてきたので、今回は初心に戻り、「米国の魅力」や「強さ」について書きたいと思います。「アメリカが貿易から得る利益」と、いっても、米国の良い所はたくさんありますから今回は「米国の貿易」をテーマに ...

S&P500や米国株に長期投資する方へ今回はS&P500や米国株に長期投資をお考えの方に向けて記事を書きました。リターンだけでなくリスクについて考えようというお話です。ちょっとだけ数学的な話がでてきて、わかりにくいかもしれませんが、最後まで目を通して頂ければ、「主旨 ...

レバレッジETFについて。昨年、一時レバレッジを使った投資信託やETFが話題となりました。どういうわけか、強気相場の終わり頃には、たいていレバレッジが話題となります。レバレッジに関する私の考え誤解がないように、先に私自身の考えを述べようと思います。私はレバレッ ...

SP500でも上手くいかない時期もあるピータバーンスタイン著「リスク 神々への反逆 」より引用。1992年1月~1994年6月までの2年半の、S&P500と新興国の月次リターンと標準偏差を表した図です。「指数」という★星印は、新興国13カ国に均等に分散投資した時の値です。個別の新 ...

↑このページのトップヘ