time-2743994_1280

こんばんわ。東北のとある田舎の投資家りんりです。


まずは今月の投資報告から。

今月も給料が入りましたので、本日10万円分ドル転しました。

今月は112.91ドルで10万円分=885.66ドルになりました。


いつも通りSBI銀行でドル転し、そのままNISA口座のあるSBI証券へドルを移動。

今月も約10万円分S&P500ETF(VOO)に指値をいれたので、あとはゆっくり待つだけといった感じです。

イデコの方も数日後に引き落としがあります。今月も楽天VTIに23000円全額積み立てます。


以上が今月の私の投資報告となります。


先月と(というか毎月)ほとんど変わり映えしない報告ですね。でも、それこそが私の強みだと勝手に思っています笑。


「継続は力なり」



今日はウェールズファーゴが気になるニュースを発表しました。


ウェールズファーゴを知らない方のために一応補足です。

ウェールズファーゴ(WFC)は資産価値全米3位、市場価値では世界最大、アメリカでもっとも支店数の多い銀行です(2017年7月時点)。

保守的で堅実な経営を売りとしています。また世界一の投資家ウォーレンバフェットの保有する主力銘柄としても有名です。しかし、過去二年間にいろいろな不祥事を起こし、その立て直しに苦しんでいます。


WFCは今後三年間で従業員全体(約26万5千人)の5%~10%、最大2万6500人を削減する計画を明らかにしました。一時帰休(レイオフ)と退職によって対応する考えです。


主な理由は

〇不祥事による罰金や訴訟費用の急増

〇4-6月期決算での減益


〇WFCは従来の支店網拡充による顧客対応からの脱却を目指しており、人手を必要としないデジタルバンキングへのシフト(2020年までに800店舗削減する方針)による経営の効率化


があげられます。


日本の企業と比較して、労働市場の流動性といいますか・・・従業員数を経営状態や戦略、効率などに合わせて比較的自由にコントロールできるのが米国企業の強味の一つだと個人的には思っています。


でも働くなら簡単にはクビにならない日本企業の方がいいかもしれませんね笑


WFCですが9/21日時点で配当利回りは3.13%。株価も54.99$となっております。

配当狙いの方や、バリュー投資家の方は不祥事と減収減益で苦しんでいる今(もう少し安くなれば)意外と狙い目かもしれません。


WFCがこの難局を乗り切り、経営の効率化と信頼回復が達成できたなら、勇気ある・我慢強い投資家にとって素敵なご褒美が待っているのかもしれませんね。


私はS&P500に投資をしています。個別株は現在保有しておりません。

でも、もし個別株投資をするとしたら(安全域がもう少しあるなら)WFCは購入候補にはなりえたと思います。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



米国株ランキング