バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

バンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。NISAやiDeCOも継続中。米国株や海外ETFの情報、本の書評等など気ままに更新してます。バンガード社の理念や投資哲学が好きです。ジョン・ボーグル、タレブ、ウォーレンバフェット等に影響を受けています。八戸市在住。

企業を分析することが出来ない人はどうすればいいか?ウォーレンバフェット「分散は、何も知らない場合には防御と言えるだろう。市場と異なるが何も起こらない状態を確保しようとするのなら、全てを買うのがいい。間違ってはいない。事業を評価する事を知らない人にとっては ...

突然ですが、「バンガード・ニュースレター」というものをご存知でしょうか?簡単に言うとメールアドレスを登録するとバンガード社から、基本的に毎月一度(月末くらいに)メールがくるというサービスです。資産運用や投資情報はもちろん、幸福や早期リタイア、老後のことな ...

金融バカたちよ、それは大間違いだ。ブラックスワンの著者として知られる、ニコラス・タレブ氏はマーコウィッツ氏の広めたポートフォリオ理論に対して、ひとつ誤解があると指摘しています。経済論文の中と違って、状況は変化しやすい例えば、現金・証券A・証券Bの三つに資産 ...

バンガード社のシュミレーション上のグラフは、バンガード社が対象の資産配分別に、2018年からの10年間の名目リターン(年率、ドル建て)について行った10,000回のVCMMシミュレーション結果に基づくものです(2017年9月のもの)「グラフについて」「箱」を分断している横線は ...

もしも投資ブログが1928年にあったら投資ブログの話題は「レバレッジ」で溢れかえっていたでしょう。1929年までの米国株式市場の基本戦術は「レバレッジ」です。当時の投資家は、代金の10%を出せば信用取引で株が買えました。今回は、要点をわかりやすくするため、当時の税 ...

S&P500指数は最高値圏にあります。株価が割高と感じていたり、下落するのではと警戒している方もいるかと思います。そこで今回は米国長期投資に関する基本的な考え方を復習していきたいと思います。株式投資は企業を保有する事「短期的に見れば市場は(人気)投票機のようだ ...

S&P500最高値圏の影で・・・2019年のほとんどの間、投資家は貿易戦争によって、世界経済がリセッション(景気後退)すると考え、金や国債などの安全資産に資金を移しました。夏ごろにはイールドカーブを懸念する声も多く聞かれましたし、その少し前はバルチック海運指数など ...

リバランスをすれば、必ずリターンが増えるというものではない。しかし、資産配分のリバランスをする事によって、必ずリスクを減らすことができ、自分のニーズと性格に合った資産配分をキープすることができる「投資の大原則 人生を豊かにするためのヒント」よりリバランス ...

タレブが見た日本人ブラックスワンの著者、デリバティブトレーダー、ナシーム・ニコラス・タレブは日本人の事をこう評しています。日本の文化はランダム性に間違った適応をしていて、運が悪かっただけで、ひどい成績が出る事もあるのがなかなかわからない。だから損をすると ...

ダウ平均VSウォーレンバフェット世界一の投資家ウォーレンバフェットがパートナーシップ(BPL)を始めた1957年から1962年までの6年の間に、ダウ平均は3度マイナスリターンを記録しました。ダウ平均。()内はバフェット(BPL)のリターン1957年   ー8.4% (10.4%)1958 ...

11月5日の米国株式はまちまち11月5日のS&P500指数は-0.12%と一服。米中貿易協議の進展の期待による連日の上昇一段落しました。(一部報道では高値警戒感も指摘されていました。)また5日発表された10 月のISMの非製造業景況感指数は54.7 でした(市場予想 53.5) 9 月か ...

いつもうまくいくとは限らない偉大な投資家達も、数年間に渡り、市場平均をアンダーパフォーマンスするなど、なかなか苦い思いをさせられています。今回は、集中投資を主な戦略とした、3人の偉大な投資家の「苦戦」を紹介します。 「ケインズ」経済学者のケインズはチェスト ...

完全に私事で申し訳ないのですが本日11月5日、今年も無事、誕生日を迎えることができました。おかげさまで、今夜は家族と楽しい時間を過ごすことができました。歳を重ねるとともに、VOOの保有数も、知識も、人間としても一回りずつ成長していけたらなあと思う今日この頃です ...

ダメな人間と組めばとんな案件も上手く行かないウォーレンバフェットは新規の投資や買収を検討する時、「経営者の質」を徹底的に見ると言います。誠実かつ能力のある経営者で、信頼できる人物でなければらないとのことですごいと思えない経営者には仲間に加わってほしくない ...

ラスベガスを攻略した天才数学者数学者エドワード・ソープは、確率論の画期的な応用法を発見。ブラックジャックで、カードカウンティングを駆使することで、プレーヤーが有利に勝負できることをラスベガスで実証、証明しました。ソープが1962年に著した「ディーラーをやっつ ...

↑このページのトップヘ