バンガードS&P500ETF(VOO)と米国株に投資するりんりのブログ

バンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。NISAやiDeCOも活用中。米国株や海外ETFの情報、本の書評等など日々赴くままに更新してます。ジョン・C・ボーグル、バンガード、タレブ、ウォーレンバフェット等が好きです。八戸市在住です。

VAWとは今回はバンガード・米国素材セクターETF(VAW)を紹介します。米国の米国の素材セクターの大型株、中型株、小型株に投資ができるETFです。あまりメジャーではないETFですが、設定(2004年)から最近まで長期間S&P500を上回るリターンをあげていたETFです。基本情報現在 ...

S&P500は史上最高値を更新昨日10日の米株式市場主要3指数が上昇しました。S&P500種株価指数は一時史上初めて3000の大台に乗りました。私の投資しているバンガードS&P500ETF(VOO)も、一時過去最高値の275 .19ドルをつけました。また、米国債は上昇。米ドルは下落しまし ...

本日SBI証券に続いて、マネックス証券、楽天証券証券も米国株の最低取引手数料を0ドルへと引き下げましたので紹介します。マネックス証券他社に先駆けて手数料を改定。既に7月8日(月)から、業界最安の0.1米ドルにてサービスをご提供しておりましたが。7月22日(月)以降は ...

VTVとは今回はバンガード米国バリューETF(VTV)を紹介します。その名の通り、米国の大型バリュー株へ投資をするETFです。あまり知名度はありませんが、VTVは「Money magazine's  50 Best ETFs」にも選出されたETFの一つです。米国株式ETF・カスタムETF部門で選ばれました。 ...

ここ数日米国株式市場、および世界経済に悲観的な見解が報道されています。今回はブルームバーグの報道を元にモルガンスタンレー、ブラックロックのストラテジスト等の見解を紹介します。モルガンスタンレーの姿勢モルガン・スタンレーは世界の株式への資産配分をここ5年間 ...

SBI証券は、米国株式の最低取引手数料を5ドルから0ドルへ引き下げる事(撤廃)を発表しました。2019/7/22(月)現地約定分からとなります。詳しくはこちらの公式サイトをご覧ください。 SBI証券のホームページへより多くの人に米国株式や海外ETF投資がより身近なものになる ...

もしあなたが裕福でありたいなら貯めることと稼ぐことの両方を考えるべきである。わずかな出費にも注意すべきである。ほんの少しの水漏れから大きな船でも沈んでしまう。苦労なくして得るものはない。魚を取ろうと思うものは、危険を冒して餌をとらなければならない。大型船 ...

バンガード社のETFを紹介しようと思った理由私のブログをいつも読んで下さっている方はお気づきかもしれませんが最近バンガード社のETFを紹介する記事を頻繁に書いています。バンガード社のETFの記事を書こうと思ったきっかけは、バンガード・グループの創設者、ジャック・ボ ...

VOXとは今回はバンガード・米国通信サービス・セクターETF(VOX)を紹介します。米国のコミュニケーションサービスセクターの大、中、小型株に低コストで幅広く分散投資ができるETFです。2018年にS&Pのセクター変更の際に「電気通信セクター」が無くなる代わりに「コミュニケ ...

VCRとは今回はバンガード米国一般消費財・サービスセクターETF(VCR)を紹介します。米国一般消費財・サービスセクターの大、中、小型株に低コストで幅広く分散投資ができるETFです。基本情報現在の株価      182.97ドル (2019年7月6日現在)ETF純総資産      2 ...

家計金融資産の日米比較 1995年  日本 1182兆円  米国 2343兆円2016年  日本 1815兆円  米国 8821兆円増加率          1.54倍          3.32倍 過去20年間で日本の家計金融資産は1.5倍に増えました。一方の米国の家計金融資産の増加率をみてみ ...

VDEとは今回はバンガード・米国エネルギー・セクターETFを紹介します。米国のエネルギーセクターの大型~小型株を幅広く網羅するETFで、エネルギーセクターへの投資を考えている方におすすめのETFとなります。基本情報現在の株価      84.25ドル (2019年7月6日現在) ...

二つの市場について今回はトロント大学、経営大学院のロジャー・マーチン学長の言葉を紹介します。企業経営についての話なのですが、企業に投資をする私達にとっても、とても参考になると思います。現実の市場とは 現実の企業は、現実の金を使い、現実の人を雇って、現実の設 ...

りんり本屋へ行く先日、八戸市の本屋に行ってみると投資本のコーナーが大きくなっていました。やはり、例の2000万円報道の影響もあるのでしょうか?。どちらにせよ、私は本を直接見てから買うかどうか決めたい派ですので正直嬉しい限りです。んん??んーどうでしょう。この ...

↑このページのトップヘ