S&P500ETF(VOO)と米国株に投資するりんりのブログ

S&P500ETF(VOO)に長期投資してます。NISAでVOOやBNDをドル建てで、iDeCOは楽天VTIに投資しています。米国株の情報や、書評等など赴くままに更新してます。ジョン・C・ボーグル、バンガード、ウォーレンバフェット等が大好きです。八戸市に住んでます。

参照ブルームバーグ ゴールドマンサックスがS&P500指数の2020年までの最新予測を発表しました。タイトルは「S&P500の利益成長(EPS)が2020年に4%まで減速」というネガティブなものです。例のごとく、りんりの拙い英語力で要点をまとめます。しっかりと内容を確認されたい ...

今現在とても高いリターンを叩き出している企業の株、アクティブファンドなどは、当然追加的な資金流入をもたらします。やがて定番化し、人気過多になるとリターンの期待値は平均へと近づいていきます。(最悪市場平均を下回るまでになります。)トレンドを追いかけて値上 ...

今年も残りあと一月半くらいとなりました。2028年の自分は、「2018年にもっと攻撃的になっていればよかった」と思うでしょうか?それとも「2018年はもっと消極的になっていればよかった」と思うでしょうか?「あの株を2018年の時点で買えばよかった」と後悔しそうな株はあ ...

知っている人には「S&P500ETF(VOO)?ずいぶん手堅い投資をしているね」と言われ、知らない人には「米国に投資?ドル?ETF?恐すぎ、リスク高すぎじゃない」と言われ、雨にも負けず、風にも負けず、金利上昇にも、貿易問題にも負けない丈夫な投資戦略をもち欲は(そこまで ...

長期株式投資や投資信託を途中で辞める方、挫折する人を、ツイッターやブログを始めてから約半年の間に度々目撃することがありました。特に米国株は過去200年以上のデータを振り返れば右肩上がりであり、長期で続けていれば原則として参加者全てが勝てるプラスサムゲーム ...

先日投資情報を利益に変える重要な4つの要素について、以前ブログで簡単に説明したことがありました。簡単に説明したしますと投資の情報を実際に利益に変えるには1.他の人よりより良い情報を持っている2.手持ちの情報の解析に長けている3.データ解析からどのように行動を ...

8日、FRB(米連邦準備制度理事会)はFOMC(連邦公開市場委員会)で利上げ見送りを全会一致で決定しました。また、経済情勢についてはおおむね前向きな評価を下しており、12月の利上げがより濃厚をなりました。政府声明は、9月の前回のFOMC以降の経済指標は「労働市場の拡 ...

今朝のS&P500ETF(VOO)は258.16ドル(+5.34ドル、+2.11%)と久々に大きくあげました。中間選挙が終わったからでしょうか?10月29日に242.5ドル.11月2日には248.29ドルをつけていましたが、一週間もしないうちに10ドル近くあげました。中間選挙のようなイベントがある ...

注、この記事は米国中間選挙の結果発表前に書かれたものです。投資環境は時間の流れと共に変わります。景気や相場も同様です。しかしその時々、その時点での投資環境は既定のものです。私達はその投資環境を受け入れることも、市場から降りて傍観することもできますが・・ ...

本日は株式市場の健全度を判断する2つの指標を紹介したいと思います。1・「イールドカーブ」イールドカーブは残存期間が異なる債券の利回りを示します。最初のグラフをご覧下さい。2年物と10年物の米国債の金利差を示すグラフです。経済が好調の時には、長期的な経済の見 ...

11月5日中国の習近平国家主席は、中国国際輸入博覧会で輸入関税の引き下げと市場アクセスを拡大する事を約束しました。私事ですが本日はりんりの誕生日です。にも関わらず3時間残業の末ようやく家に帰ってきました。そして帰宅後にブログ書いているという・・・いつもと変 ...

先週米国市場は少し反発しました。S&P500は一週間で1.3%ほど回復を見せました。〇目立って悪い決算がなく、売られ過ぎが意識されたこと〇米中貿易摩擦の解決に期待が高まったこと〇止まっていた企業による自社株買いが再開されたことなどが主な理由として考えられていま ...

今回は「人口と経済成長」いう観点から投資を考えていきたいと思います。NISAやイデコで投信の商品を悩んでいる初心者の方やこれから投資を始めようとしている方にもわかりやすいように、また参考になるように簡単にまとめました。(マクロ経済などの細かい説明等は省きま ...

名著「投資で一番大切な20の教え」でハワードマークス氏の待望の親作「市場サイクルを極める 勝率を高める王道の投資哲学」が11月1日に発売されました。この本は、前作の「投資で一番大切な20の教え」の20の教えの一つ、「8.サイクルに注意を向ける」の章を深堀りした本 ...

↑このページのトップヘ