S&P500ETF(VOO)と米国株に投資するりんりのブログ

S&P500ETF(VOO)に長期投資してます。NISAや特定口座でVOOをドル建てで、iDeCOは楽天VTIに投資しています。米国市場や株の情報、本の書評等など赴くままに更新してます。ジョン・C・ボーグル、バンガード、タレブ、ウォーレンバフェット等が大好きです。八戸市に住んでます。

平均回帰スポーツ選手の記録は、年齢や体力などの問題から、1度下がりだすとそのまま回復しないことも少なくありません。株価や市場全体でみると、対照的に、いったん下がっても、統計学的に元の水準を回復することが少なくありません。この現象は「平均への回帰」と言われて ...

1929年世界恐慌前のピークにS&P500に投資をしたら前回、1929年世界恐慌前のピークにS&P500に投資をしたら というテーマで記事を書きました。簡単にまとめますと1929年9月3日の暴落前のピークの株価まで回復したのは、25年後の1954年11月3日。S&P500でも株価が回復するのに25 ...

日経新聞に気になる記事が 参考 日経新聞の記事つみたてロボ「貯蓄」という、名前。 毎月分配で中高年層を狙うという、狙い。 年利2.63~8.70%利回りは米国の中小・新興企業に投資したり、新興国債券に投じたりすることで確保できるという、目論見。 7種類のETF・BDCを毎 ...

景気後退の懸念昨日フォード・モーターが給料制の社員約7000人を削減する計画を発表しました。自動車業界は世界的に販売の伸びが減速するとの予想によるものです。またロイター通信のコラムニストによると 政策当局者らは米景気が良好な状態にあると唱えていますが、ほとん ...

投資というアート投資というアートには、あまり知られていない特性がある。大して努力もせず、能力にも恵まれていない素人の投資家が、大儲けとはいかないまでも、まずまずの利益をあげられることだ。その容易に達する水準からさらに上をめざすには、高い応用力と一辺以上の ...

米国株投資にオススメなマネックス証券今回は米国株投資にオススメな「マネックス証券」を紹介します。マネックス証券は1999年創業。日本での拠点は東京と八戸市となっております。アメリカや香港の証券会社も買収しており、米国株や中国株の取り扱い銘柄の数やサービスの ...

ウォーレンバフェットの師匠・ベンジャミングレアム「世界一の投資家ウォーレンバフェットの師匠」「バリュー投資の父」して有名なベンジャミングレアム。ウォーレンバフェットはコロンビア大学でグレアムの授業を履修し、1954~56年には株式アナリストとしてグレアムの下で働 ...

1929世界恐慌「暗黒の木曜日」と呼ばれる1929年10月24日、ダウ平均は一時12.9%下落しました。しかしこの日は取引終了までに大きく回復し、前日より2.1%下がるにとどまりました。1929年10月28日(月曜日) NYダウは1日で12.8%下落しました。当時の一日の下落幅の過去最高 ...

VOO100%投資についてどう思うか個別銘柄投資を辞めて、バンガードS&P500ETF(VOO)一本投資にしてから、一年が経とうとしています。ブログを始めてから本当にたくさんの方と交流するようになりました。心より感謝申し上げます。そしてその中で、同じ「S&P500投資」でも、人 ...

S&P500 1本にしてから早1年現在、私はバンガードS&P500ETF(VOO)にほぼ100%を投資しています。VOOには、2016年から投資をしていましたが、個別株投資をやめて、バンガードS&P500ETF(VOO)1本にしてから、約1年が経過しようとしています。そこで、今回は個別株を全て売却 ...

成長を止めなかったアメリカ経済20世紀の米国の1人あたりのGDP成長率1900~  29%10~20  1%20~30  13%30~40  21%40~50  50%50~60  18%60~70  33%70~80  24%80~90  24%90~00  24%米国の10年ごとの国民1人あたりのGDP成長率です。アメリ ...

ビルゲイツの経営学今回はビルゲイツがマイクロソフトの経営について話した時のことを紹介します。ビルゲイツは社員が〇〇となる状況は絶対に創り出したくないと語っていました。今回はビルゲイツが気をつけていた2つのことを紹介します。①社員の熱意を潰さない「昇進の門戸 ...

(画像 ブルームバーグ参照)S&P500(1985~2004)〇1985年から2004年のS&P500指数の年平均リターンは13.2%。1万ドルを投資した場合、119800ドル。約12倍になっていました。 平均的な株式ファンドの年平均リターン平均的な株式ファンドの年平均リターンの「公表値」は11.3 ...

↑このページのトップヘ