S&P500ETF(VOO)と米国株に投資するりんりのブログ

S&P500ETF(VOO)に長期投資してます。NISAでVOOやBNDをドル建てで、iDeCOは楽天VTIに投資しています。米国株の情報や、書評等など赴くままに更新してます。ジョン・C・ボーグル、バンガード、ウォーレンバフェット等が大好きです。八戸市に住んでます。

今日おもしろいニュースがあったのでご紹介します。株「回転売買」横行…手数料総額6400万円手数料を稼ぐため顧客に株を短期間で買い替えさせる「回転売買」が横行し、証券取引等監視委員会が警戒を強めているとのこと。外国株の取引で損失を出す高齢者が目立ち、監視 ...

S&P500の過去のリターン1900年~2016年 平均9.5%1974年~2016年 平均11.7%インフレ調整後でも6.5~6.9%となっております。かなり魅力的なリターンを長期間に渡って投資家にもたらしてくれました。ボーグル氏の向こう10年の予測「インデックス投資は勝者のゲーム」 ...

今日はバンガードの創始者ジョン・C・ボーグルの名言を紹介していきたいと思います。ウォーレンバフェットやチャーリーマンガー、ピーターリンチ等の名言・格言は、皆さまもよくご存知かと思います。では「ボーグル氏の名言は?」と聞かれて、すぐ思いつく人はなかなかい ...

1月16日(米国時間)バンガードの創業者ジョン・ボーグル氏が逝去いたしました。享年89歳。心よりご冥福をお祈り申し上げます。ボーグル氏は私が最も尊敬する投資家でした。ジョン・C・ボーグル氏についてボーグル氏は世界最大の投資信託運用会社であるバンガード・グル ...

今日は「BNDW」バンガードトータルワールドボンドETFを紹介したいと思います。一言で言えば、これ一本で世界中の投資適格債券に投資ができるETFです。ロイターより一部抜粋バンガード社は米国で初めて世界中の債券に投資する上場投資信託(ETF)を設立する計画世界の債 ...

ヨーロッパ人と違ってアメリカ人は「高い教養を培わない」「数学ができない」「知性が足りない」などという皮肉があるそうです。(ちなみにここで言う「高い教養」とは、絵画や音楽に詳しいとかゲーテに通じているとかそんな感じです。)その一方でヨーロッパ人も(そして ...

最近「世界最大の資産運用会社ブラックロック社」のニュースがにぎわっているのでまとめてみました。ブラックロックは世界最大の独立系資産運用会社です。日本でもiShares (iシェアーズ)ETFは有名ですね。それを運用する会社と言えばわかる方が多いと思います。世界30ヵ国 ...

仕事には2種類ある。「働いた仕事量や時間に縛られて稼ぎが決まる仕事」と「稼ぎが何倍にも拡張できる仕事」だ。今日は成人式という事なので、①.私の尊敬するタレブ流の仕事の選び方②20代~30代の人(主にサラリーマン)の人に、まず最初の目標にして欲しい投資的思考(り ...

「S&P500に投資を」と書いてあるブログやツイッター、書籍・ニュース等には一通り目を通すりんりです。私自身、株式は100%、資産のほぼ全てをS&P500ETF(VOO)に投資していることもあり、そのようなタイトルにはすぐ飛びつきます。(釣られます)質の高い記事から、どこかで ...

S&P500はクリスマス以降、約8%上昇しました。雇用増加に加え、パウエルFRB議長が政策運営に関して柔軟な姿勢と示すとともに、「(金融市場に)注意深く耳を傾けている」と発言したのが市場に好印象を与えました。「米金融当局は利上げやバランスシート縮小の停止にシフトす ...

SBI証券のイデコの取扱商品の、2018年1年間トータルリターンランキングは以下の通りでした。1位 DCニッセイJ-REITインデックスファンドA 10.65%1位 ニッセイJ-リートインデックスファンド   10.65%3位 三菱UFJ国内債券インデックスファンド    0.81%4位 eM ...

「敗者のゲーム」で有名なチャールズ・エリスが初心者向けにインデックス投資の始め方を書いた記事を見つけましたので簡単に要約して、紹介していきたいと思います。そもそもチャールズ・エリスとはイエール大学卒。ハーバード・ビジネススクールで最優秀のMBA。ニューヨ ...

ロバートシラーは株式市場で利益をあげる可能性について、投資家が抱いている印象を確かめるため、米国の個人投資家にアンケートを行いました。少し古いデータですが興味深い内容なので、いくつかの設問を抜粋してご紹介します。個人投資家の方は、「自分ならアンケートに ...

バールーフ・スピノザの哲学思想はりんりの投資感と近いものがあります。宗教について詳しく語る気はないのですが、彼はおもしろいので簡単にですが紹介します。スピノザは1670年「神学・政治論」を著し、当時ヨーロッパに激しい議論を巻き起こしました。内容を簡単にまと ...

↑このページのトップヘ