バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ

2015年からバンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。毎日、米国株や海外ETFを中心に投資・資産形成に役立つ情報を発信中。NISAやiDeCOも継続中。

2011~12年のNBAの月間シュート成功率ランキング1位 アーモン・ジョンソン2位 ディーンダー・リギンズ3位 ライアン・リード・・・・「誰??」コービー・ブライアントやレイアレンなどオールスターに選ばれるような名選手を差し置いて、無名の選手達がトップを占めていま ...

米バンガードの調査米バンガードは、18歳から64歳までの米国の成人(最低世帯収入5万ドル)を対象に、オンライン調査を実施しました。バンガードのレポートこの調査では、コロナウィルスによる市場のボラティリティに対して、投資やリタイアに関するアメリカ人の感情や視点が ...

忍耐資産の50%、60%、または70%を上場株式に配分することが適切といえるのは、良い時も悪い時も不動の姿勢を維持できる、忍耐力のある投資家の場合だけである。デイビッド・スウェンセン市場が下落した時に株式を売却し、相場が上昇した時に反射的に株式への配分を増加さ ...

過去もわからない。先日、ニフティ・フィフティについて話しました。そういう古い株式市場の昔に対して、こんな意見があります。「そもそも1970年代の空気感を今の投資家がわかるわけないだろ」これは、火の玉ストレート。一理あります。1929年の大恐慌、70年代の不況、ブラ ...

SPYDについての私見まず、本題に入る前にSPYDについて、私見、感想を書きたいと思います。私は、SPYDは、たくさんあるアクティブ戦略・スマートベータ型ETFの一つだと思います。その戦略が、上手くいく可能性もあれば、いかない可能性もあると思います。ただし、戦略上コスト ...

長期的には我々は全て死んでしまう。大荒れの季節に、嵐が過ぎ去ればやがて海は穏やかになる。としか言ないならば、経済学者はあまりに軽薄であり役立たずである。と、経済学者のケインズは言いました。なるほど、一理ある言葉だと思います。待つことも長い航海の一部ただ、 ...

米国株式市場は続落。S&P500指数は0.84%下げ3357.01となりました。昨日に引き続き、ハイテク関連株の売りが継続し。アマゾンは2.3%、アップルは1.6%下げました。一方で、GEは4.4%上昇。カルプCEOが今年下半期に、フリーキャッシュフローが黒字に転じるとの見通しを発表し ...

超富裕層の数2019年時点で、世界には4680 万人のミリオネアがいました。うち、88%に当たる4110 万人が、100~ 500 万ドルの富を所有しています。さらに、約370 万人 (7.9%) が 500~1000万ドルの富を所有しており、さらに、約200万人が1000万ドルを超える富を所有しています ...

2020年9月の分配金はいつ?2020年9月のバンガードのETF等の分配金スケジュールを紹介します。〇S&P500ETF(VOO)  支払基準日 9/30  権利落ち日 9/29 支払開始日 10/2〇Total Stock Market ETF(VTI)支払基準日 9/28  権利落ち日 9/25 支払開始日 9/30〇Total Wo ...

個人株主の動向について日本証券業協会のレポート 「個人株主の動向について」の最新版が2020年9月16日に公開されました。今回は、19年度末(2020年3月末)時点までのデータが多いので、コロナショックの影響も、少し考慮しつつ見ていくといいと思います。以下、いくつか面 ...

ニフティ・フィフティ―1960年代後半から1970年代の初めにかけて、ニフティ・フィフティ(素敵な50銘柄)と呼ばれる、米国の50の大型優良銘柄に、投資家の人気が集中し、その後、暴落したという出来事がありました。素敵な50銘柄とは素敵な50銘柄の一部を紹介するとコカ・コ ...

各ファクターの直近のリターンLiz Ann Sonders氏のツイートに米国株式市場(MSCI USA index)の各ファクターの過去12ヵ月、年初来、前月のリターンがまとめられていたので紹介します。参照上からバリュー・モメンタム・高配当・サイズ(小型株)・クオリティー・低ボラティリ ...

S&P500企業の第2Qの決算まとめS&P500企業の第2四半期の決算は、事前に、予想が引き下げられていたため、多くの企業の業績が予想を上回る結果となりました。第2四半期の利益予想は、19年末から20年第2四半期末までの間に、47.3%引き下げられていたため、全体の82.2%の企業の ...

↑このページのトップヘ