coins-3652814_1280


こんばんわ。りんりです。

米国株に限らず何かに投資をしている方なら、誰しも一度は思ったことがあると思います。


「もっと元手があったら・・・」

かくいう私もその一人です。最近投資したいものがあり特にそう感じでいます。


でも、それは「宝くじにあたったらなぁ」に近い、所詮ないものねだりのようなものです。

私は現実を真摯に受けとめ、コツコツと元手を増やしたいと思っております。

(パッとすぐに元手を増やせる才能のある方は羨ましい限りです。残念ながら私はそういう才能はあまりなく、生粋の努力型のようです)


さて、私のような一サラリーマン・会社員が投資に回すお金を増やす方法としての一つとして「副業」があげられます。


今日は副業に関して悲しいニュースをお知らせします。

厚生労働省所菅の独立行政法人の調査で、従業員数100人以上の企業2260社のうち75%以上が副業や兼業を認める予定がないという事が明らかになりました。


〇今後も許可の予定なし 75.8%
〇許可している 11.2%
〇許可を検討している 8.4%

と企業は回答しています。

認めない理由としては

過重労働で本業に支障を来す 82.7%
行動時間の管理。把握が困難 45.3%


と企業側の抵抗感と実務上の問題もあげられます。


一方、われわれ労働者(1万2355人)に対する調査では

新しく副業したい 23.2%
機会・時間を増やしたい 13.8%
副業するつもりはない  56.1%

となっています。

副業したい理由トップは私同様 「収入を増やしたい」が85.1%

副業したくない理由は

「過重労働で本業に支障をきたす」61.6% 
「家族や友人と過ごす時間が減る」56.5%

のツートップとなっております。


政府は今年一月にガイドラインやモデルとなる就業規則を策定し、原則として企業に副業や兼業を認めるよう企業に求めていますが、現実はまだまだ追いついていないようです。



かくいう私の会社も、原則副業は禁止されており非常に歯がゆい思いをしております。

私としては、会社で昇給や出世を目指し一生懸命働きつつ、副業やブログなどで副収入を得て、それらを元手にS&P500などに投資し、スノーボールをできるだけ早く大きくしたいと思っているのですが・・・

日本では副業はまだまだ難しいようです。


将来労働したくないので投資をしている側面がある反面、何故か労働意欲満々の今の私。

ないものねだりをしている暇なんてありません。今ある武器で精一杯現実と戦うだけです。


まずは、今後もできる限りS&P500ETF(VOO)を買い増していきたいと思います。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング