バンガードS&P500ETF(VOO)と米国株に投資するりんりのブログ

バンガードS&P500ETF(VOO)に長期投資してます。NISAやiDeCOも活用中。米国株や海外ETFの情報、本の書評等など日々赴くままに更新してます。ジョン・C・ボーグル、バンガード、タレブ、ウォーレンバフェット等が好きです。八戸市在住です。

低ボラティリティ戦略の有効性。1972年、フィッシャー・ブラックは、ボラティリティが低い銘柄のパフォーマンスが市場平均より優れているという論文を発表しました。低ボラティリティ戦略は株式だけでなく、債券にも当てはまること、世界中の株式市場で有効ということも、後 ...

とある米国企業の窮地米国のとある企業は、退職準備貯蓄制度において大きな問題を抱えていました。すごく簡単にいうと、給料の低い社員達がもっと制度に加入しないと、米国労働省の規則に抵触してしまい、全社員が拠出できる上限額が減ってしまうというものです。そうだ!コ ...

ベンジャミングレアムとバリュー投資ウォーレンバフェットの師匠ベンジャミングレアムは、1934年に「証券分析 」を発表しました。長期的にみた本来の価値を下回る価格がついている証券を見つけて投資する(バリュー投資)やその証券の見つけ方などが記されており、今なお投 ...

株式市場は美人投票?偉大な経済学者であるケインズは、プロの資産運用者は「高度な推理ゲームをしている」と指摘し、株式市場を当時ロンドンで行われていた美人コンテストに例えています。ウォーレンバフェットになどの有名投資家にもたまに引用されていますので、どこかで ...

投資家にとって本当のリスクとはリスクとは将来重要な買い物や支払いをしたいと思った時に、十分な現金を持ち合わせていないという確率である。 ロバート・ジェフリー A New Paradigm for Portfolio Riskより投資においてリスクとは、価格の(大幅な)変動を表します。しか ...

アンカリング今回はアンカリングと投資について話していきたいと思います。アンカリングとは認知バイアスの一種です。簡単に言うと、アンカーと呼ばれる先に与える情報が判断を歪めてしまう現象の事です。投資家とアンカリング投資をしていると、よくあるアンカリングの例に ...

VBKとは今回はバンガード米国スモールキャップ・グロースETF(VBK)を紹介します。米国の小型のグロース株に低コストで簡単に分散投資ができるETFです。もし10年前に投資をしていれば、(配当込のトータルリターンで)投資した金額は約4倍となっており、成長著しい米国小型グ ...

VBとは今回はバンガード米国スモールキャップETF(VB)を紹介します。米国の小型株に低コストで簡単に分散投資ができるETFです。米国小型株に興味がある方におすすめのETFです。基本情報現在の株価      151.39ドル (2019年8月19日現在)ETF純総資産     242.54 ...

〇バンガードS&P500ETF(VOO)について私が投資をしているのはバンガードS&P500ETF(VOO)となります。米国の大企業約500社(S&P500)に低コストで簡単に投資ができるETFです。VOOについての詳細はこちらからバンガードS&P500ETF VOOとは?バンガードのETFの紹介ページバン ...

米国小型株の基本今回は米国小型株についての基本的な特徴や知識を紹介しようと思います。あまり詳しくない方のために、簡単にまとめました。米国小型株に興味のある方は、是非ご覧下さい。米国小型株は市場をアウトパフォームしてきた?1927年~2015年の間の米国小型株は大型 ...

大正生まれの祖父大正生まれの私の祖父は、残念ながら令和を迎える事はできませんでしたが、私に多くの幸福な記憶と、多くの教えを残してくれました。太平洋戦争から東日本大震災まで、数々の試練を乗り越え、大正、昭和、平成と、激動の日本を最後の時まで力強く生き抜きま ...

投資には本当にたくさんの選択肢があります。全世界株式ETF、VTに採用されている銘柄数は8000を超えでいます。全世界債券etf(BNDW)で約15000銘柄、米国社債ETF(VTC)には約5000の銘柄が採用されてます。不動産などの他の資産や、レバレッジや空売りなどの様々な手法も合わ ...

1989年 ウォーレンバフェット取り掛かりが遅い性格のせいでもあるのですが、それを除けば、書くからには役立つものにしたいという私の気持ちが最大の障害になっているのだと思います。つまり、これまで誰も明らかにしたことのない優れたアイディアを盛り込む必要があるとい ...

VOO購入しました。昨日バンガードS&P500ETF(VOO)を3口購入しました。260.60ドルで3口  計781.8ドル   (約8.3万円)今回もSBI証券のNISA口座で購入しました。買付け手数料無料にかこつけて、小刻みに買ってきましたが今年のNISA口座の枠が20万をきったので、今後は特定 ...

将来の予測と投資例えば、個別銘柄に投資を行う時、普通はその企業や株価が今後どうなるかを考えます。人や手法により、程度は様々ですが、私達投資家は、通常未来の予測を元に投資をしています。ケインズ曰く、長期投資とは?ケインズは、長期投資の(社会的)目的を我々の ...

↑このページのトップヘ