S&P500ETF(VOO)と米国株に投資するりんりのブログ

S&P500ETF(VOO)に長期投資してます。NISAでVOOやBNDをドル建てで、iDeCOは楽天VTIに投資しています。米国株の情報や、書評等など赴くままに更新してます。ジョン・C・ボーグル、バンガード、ウォーレンバフェット等が大好きです。八戸市に住んでます。

アクティブ運用を行うと、どうしても市場のベンチマーク(S&P500など)のリターンと差が生じます。これは投資の上手下手に限らず誰にでも起こります。ただ、この差はインデックス運用と違い、単純に「(短期的に)市場のリターンと差が生じた=悪い」というわけではありませ ...

私の記憶が確かなら、チャーリーマンガーは絶対に成功する方法として〇他人の失敗から学ばない〇本を読まない〇合理的な行動をしない〇感情に任せて行動するなど皮肉たっぷりに絶対に(失敗するのに)成功する方法を語っていたことがあります。すみません。正確なソースを ...

今日はロックフェラー財団やマッキンゼーなどの名だたる投資家から資産運用を委託されていたグラナイト・キャピタルのデービット・アスキンを紹介します。テーマは「レバレッジ」最近レバレッジについてちょっと考える機会があったので書いていこうと思います。意外かもし ...

昨年末から今年にかけて景気後退がよく囁かれています。今日はゼネラルモーターズやUSスチールなどの景気循環株とコカ・コーラやファイザーのように業績が景気とあまり関わりのない企業、いわゆる安定優良株について1990~91年の景気後退から、回復期に入った1992~1993年 ...

まずは取引報告からSBI証券に3月分の給料から11万円入金しました。月曜日にはSBI銀行の方にも反映されると思いますので、ドル転する予定です。私のポートフォリオは株式 バンガードS&P500ETF(VOO) 100%債券 BND 1株以上となります。グラフにするとこんな感じです。以 ...

1987年6月米国の平均的な年金基金や財団は、約55%の資産を米国株式に投資していました。債券とキャッシュの比率は合わせて約37%でした。長期投資家・インデックス投資家や、特に大学・年金基金や財団など機関投資家で「タイミング戦略を重要視している」と公言している方は ...

今日はかんぽ生命に関する二つのニュースから思う事を記事にしていきます。米アフラックに3000億の投資をしたことで話題になったかんぽ生命ですが、今週も気になるニュースがありましたので紹介します。まずは、アクティブ運用の割合を増やすニュースから。ロイターの記事 ...

今日は投資を始めようか迷っている方、または、投資に限らず新しいことを始めようか迷っている人に向けて、3つの歴史的発見の話を、歴史好きなりんり流の応援メッセージとして送りたいと思います。とは言え、言いたいことはとてもシンプルなので、肩ひじを張らずに、祭日 ...

資産配分・タイミング・個別銘柄選択投資のリターンはポートフォリオの3つの要素から生み出されます。「資産配分」・「タイミング」・「個別銘柄選択」なかでも「資産配分こそがポートフォリオのリターンに大きく影響する」という定説は強く信じられています。この元ネタ ...

イエール大学基金の運用モデルをより深く分析するために、同大学が行ったおもしろいシュミレーションがあるので紹介します。テーマは「1970年代に資産を切り崩して生活していたら」です。以前もブログで紹介しましたが大学基金の運用は、毎年大学の支出を支援しつつ資産を運 ...

突然ですが・・・「りんり仕事を辞めました」正確に言うと、2月に退職届を提出しまして、3月末で正式に退社となります。これで晴れて「念願のアーリーリアイア・・・」とか「プロブロガーになる・・・」とか言えればかっこいいのですが・・・(笑)結論から言えば、転職です ...

ハーバード大学、イエール大学、カーネギー・インスティテューションの基金運用を調べてみると、(以下カーネギー基金と略します)興味深い事実がわかります。「カーネギー・インスティテューション」は、鋼鉄王カーネギーが慈善事業で設立し、天文学、植物・生物学、胎生 ...

先日ハーバード大学の基金がインフレについていくのがやっとで目標としていた大学の経費の増加分をカバーしきれず、寄付で補っているという話を書きました。詳しくは以下のリンクからハーバード大学「インフレには勝てなかったよ・・・」~今までと同じ生活をするために~ ...

ブルームバーグに今後の米国市場に関して米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合を19、20両日に控え、気になるニュースが、昨日、一昨日と二つ載っていたので、紹介します。全文紹介すると長くなるので、一部抜粋して紹介しますので、気になる方はブルームバーグにてご覧 ...

今日のテーマは「購買力とインフレ」です。購買力の維持は、資産運用において絶対に達成されるべき、長期的な目標です。長期的に資産の購買力を維持するためには、それ相応のリターンを得る必要があり、それに伴うリスクを許容しなければなりません。既に投資をしている方 ...

↑このページのトップヘ